スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

孕ませ王~ハラマセキング~ 【感想】






【あらすじ】
四方を大国に囲まれた、とある王国には王子がふたり。
誰からも好かれる心優しき兄・クリストフ。
そして誰からも忌み嫌われる放蕩な弟・ユーリウス。
王位を継ぐのは兄のクリストフだと誰もがそう思っていた時――
主人公・ユーリウスが目を付けたのは、この国に代々伝わる、ある決まり。

『隣国の姫と子を成したものは、王位継承権を繰り上げる』

幸いにして、隣国の姫は全員美少女。
戦争・脅迫・侵入作戦、あらゆる手段を駆使して姫の身体を手に入れろ!
休むことなき調教で心まで堕とし、孕ませ、つかみ取れ王(キング)の座 !!






股間に名刀ぶらさげて今日も探すは生涯の鞘…




ということで孕ませ王の感想です。
初見プレイではありません、再プレイです。
昔と今とじゃ自分の持ってる属性に違いがありますからね、
最近は再プレイして感想を書き直してみたりしてるんですよ。

さてこの孕ませ王はどんなゲームなのかというと、
タイトル通り孕ませボテ腹中心の調教ゲーになります。
行方不明の兄に成り代わり国をのっとるためにヒロインを孕ませて子供を産ませることが目的の作品です。

主人公ユーリウス、通称ユーリですがこれが結構なクズですw
孕ませて子供を産ませることしか考えておらず愛のある調教という感じではなかったですね。
兄がいないから呼び戻されただけであって幼馴染で騎士団長のセレスからはひどい嫌われようでした(笑)
彼女はユーリの兄のことが好きなのでユーリが王位を継承するなんて大反対なんですよ、
王位継承前にユーリを暗殺しようとしたりプロローグにして山場の立役者といったら彼女でしょう。
冒頭から殺しにきてますw
容姿は似ているのにどうしてここまであつかいが違うのか…
話を戻しますが愛のある調教という感じではないというよりは、
セックスこそが最高の愛情表現だと思ってるふしも見受けられるんですよね。
基本傍若無人で最低の主人公なので嫌われてるのもわかる気がします、
なんだかんだいって憎めない…と言うには少々やりすぎかな(笑)
最低男なのに時々見せる寂しげな表情にズキュウウウウウンッ!
最低男なのに時々見せる優しさにドキュウウウウウンッ!
不良がちょっと善行をしたらイメージアップの法則です。

この作品は敵対関係→奴隷関係→妊娠という段階があって
敵対関係→奴隷関係になるまでのシナリオが比較的丁寧に書かれてるんですよね。
ここは評価の難しいところでヌキゲーにしては丁寧と受け取るべきか、
ヌキゲーにしては冗長すぎない?と感じるべきか。
ヒロインを篭絡するまでのシナリオがそこそこ存在するので
いますぐエロをくれ!という方には不向きかもしれません。

ヒロインはリタ、ヘンリエッタ、リゼット、ウルズの4人。
全員お姫様です、結婚して子供を産ませるにはある程度の身分が求められるみたいね。
リタは信仰を何よりも重んじる国のお姫様で傍若無人なユーリのことも
神に誓って改心させようとしてました、
ユーリとの結婚も一応の了承はしたものの愛ではなく母性からくる改心目的。
妊娠なんて言語道断という感じでした。
彼女は全ヒロイン中唯一ユーリの過去が絡んでくるお話で
ユーリの過去に死別した恋人にリタの容姿が似ているというところからも
他のヒロインより設定的に優遇されてるように思えます。
そういったユーリの過去を調べユーリと交わっているうちに惚れてた感じですかね。
ユーリは最低のくせして子供ができたら人並みにヒロインたちの身を案じますし
不思議とそういうところで高感度上昇してるのかなw

ヘンリエッタはヒロインの中で一番お気に入りです。
行方不明中のユーリの兄を内密に保護してたりしたたかな女なのです。
兄のことが好きなのですが弟のユーリに対しては汚物をあつかうかのような態度でしたw
ユーリのことを捕まえ牢屋で罵声をあびせながら拷問です、
登場した当初はイラっとするくらい兄と比較して見下してくるキャラです。
というか終始高圧的な態度は持続したりしますが
だからこそ孕ませがいがあり調教のしがいがあるヒロインでした。
ユーリに形勢逆転されてからは兄のためとユーリに嫌々ながらも奉仕してくれますよ。
声優さんの演技がお上手で喘ぎ声が艶っぽくて素敵でした。
フェラ中に会話することが多いキャラなのですが
おにんにんをくわえてるから何言ってるかよくわからん、みたいなのが絶妙に表現できてましたね。
比較的早い段階で堕ちるヒロインがいるなかヘンリエッタは
ユーリの兄に対する想いを胸に最後まで頑張っていた印象があります。
最後の最後で堕ちるというのがこのヒロインの最大の魅力でしょう。
序盤のユーリに対する拷問とのギャップも楽しみどころ。

リゼットは萌え担当?
私は屈折してるのでヘンリエッタみたいな紆余曲折あるほうが萌えるのですが
リゼットは早い段階でユーリを愛するようになるので嫌々奉仕してるヒロインとは
ちょっと違う方向性かもしれません。
他のヒロインよりも若干大人なのかユーリのことを理解しようとしてました、
リタもユーリを理解しようとする傾向が見受けられましたがそれとはまたちょっと違う感じ。

ウルズはロリで海賊なお姫様。
まさかの初挿入で堕ちますw完堕ちではないにしろ最初から堕ちてしまった印象が拭えないヒロインでした。
というのもユーリの策略で淫乱化してしまう呪いにかかってしまうのです、
しかも自分ではイケず男に触れてもらわないといけないというね…
なので呪いのせいで求めずにはいられないという状況でした。

全ヒロインに言える事ですが挿入まで結構あります。
この事は度々作中でもネタにされてますがいざ挿入!となると邪魔がはいったりするので
結構焦らされるんですよ、挿入シーンはもうちょい早い段階であったほうが
モチベにもつながるしよかったんだけどねぇ、
まぁ焦らしたほうが何となくだけど調教してる感じはします。

個人的に評価したいのはこの作品の目的である孕ませなんだけど
タイトルになってるだけあって妊娠してからがこの作品の本番でした。
妊娠12ヶ月を1ヶ月ごとにみせてくれて全ヒロイン12シーン用意されてるんですよ。
12シーン全部がエロってわけじゃありませんが妊娠の経過を細かく描写してくれるだけでも有難いね。
そこらの作品だったらボテ腹H1~2回あってEDですよ。

正ヒロインではありませんがユーリの従者でもあるロコと騎士団長のセレスにもエロはあります。
セレスはボテ腹Hこそありませんが妊娠はさせられたみたいです、
ED前のテキストでちょろっと明記されてるだけですがね。
そしてロコですがヘンリエッタをのぞけばダントツに可愛いですし魅力的です。
彼女にこそ孕ませが必要だよ!

攻略サイトを見て攻略したんだけど期間が116週って調教ものにしては長編でした。
しかし個別EDのようなものはなく一周で終わるのでそんなに長くはかからないと思います。
全ヒロイン孕ませEDという孕ませ王の名に恥じぬ豪胆なEDだったね!




総評B+78点 公式HP (Frill)




タイトル:孕ませ王~ハラマセキング~
ブランド:Frill
ジャンル:ADV

シナリオ:ひらいでらく/尾崎貞夫/酒井童人/若林浩太郎
原画:相川亜利砂

メディア:DVD-ROM
対応機種:Windows2000/XP/Vista

発売日:2008年9月26日
価格:9240円(税込)

【キャスト】
民安ともえ/七生みこと/羽高なる/櫻レオナ/ 一比未子/あさり☆/etc






 にほんブログ村 ゲームブログ PC美少女ゲーム(ノンアダルト)へ
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚応援してます(*゜▽゜ノノ゛☆゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚
うみねこドットTV─TVアニメーション「うみねこのなく頃に公式サイト」
























上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。