スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

NARUTO-ナルト-ナルティメットストームジェネレーション 【感想】






まぁ仕方ないのかもしれないけど、
水増し仕様のゲームになってるね。





このジェネレーションは前作とは違い対戦特化のゲームになってるという前情報でした。
いわゆる強キャラなどのバランスも調整していると仰っていたのですが残念ながら強キャラはいます。
やっぱり覚醒して大きく使い勝手のよくなるキャラと
ステータスだけ上昇して特にモーションの変わらないキャラとじゃ違いもでてきますよね、
キャラのモーションが変わるだけで相手はとまどったりもするでしょうし。

今回のストーリーモードは前回のようなRPG要素はまったくなくなり紙芝居→戦闘の繰り返しです。
私はオリジナルストーリーを楽しめるものだと思っていたのですが原作をダイジェストで説明してるだけでしたね。
原作を読んで記憶してる人からしてみればかなり退屈でしょう。
私はアニメDVDも所持してるのでいまさらすぎて退屈でした。
うちはイタチ伝とか再不斬&白伝とかありますけど原作と同じシナリオなら意味ないじゃないですか。
ナルト伝だとナルトを操作して白と戦えますが白伝だと白を操作してナルトと戦えますよというそれだけのもの、
そんな立ち位置だけ変えたようなものでどう楽しめというのでしょうか…
キラービーのシナリオはまだよかったですね、シナリオなんてまったくないのですが、
アニメーションをまじえたオリジナリティーあふれる印象でした。

キャラ数もかなり多くいるように思えますが前作までのキャラに多数プラスしただけなので結構早くあきてきますよ。
ジェネレーションというタイトルはちょいと不釣合いな水増し仕様です。
モーションを全て変えろとはいいませんがガイに昼虎が追加されていたように何かしら欲しかったね。

よかったのはアニメーション。
これは本当にすごかったですよ、
所持してるアニメDVDと比較してみても全然負けてません。
アニメーションの尺もかなりありましたし満足できると思います。

他にもサバイバルという要素があって体力を維持したまま連戦していくというもの。
試合後は多少のHP回復がありますが微量なのであまり期待はできません、
この要素で重要なのは短期決着ですね。
最初はやりごたえを感じ楽しんでやっていましたが徐々に面倒になってきます。
だって上位にいけば11連戦とかあるんですよw
しかもCPUの強さもあがってるし…めっちゃ面倒です。
こういうところでも水増しを感じますよね、ながく遊んでもらいたいからこういうところで稼いでるような。
私の攻略法としてはアイテムを駆使することをオススメします。
攻撃力アップで速攻を狙ったり起爆札の一番強いやつ3枚を使用するとかね。
起爆札はめっちゃ強いですよ。

キャラゲーとしては面白いですが格ゲーとしてみたときに、
極めがいがないことに気づくんですよね、アクションが大きく細かいことができないので、
やれる限界にあっさり到達してしまいます。

そもそもこの作品はナルティメットストーム3と並行してつくってたみたいですので
あくまで3までのつなぎでしかないんですよ。

ナルティメットシリーズが好きなら無難に楽しめる内容になっていますが
2のようなRPGモードがやりたいなら3まで待つことをオススメします。
無難に楽しめるといっても2ではいなかったキャラが使えるとかその程度の話です。
ジェネレーションの印象としては新キャラが少し使えるだけのファンディスクという感じ。









総評B+79点 公式HP (バンダイナムコゲームス)




タイトル:NARUTO-ナルト-ナルティメットストームジェネレーション
ブランド:バンダイナムコゲームス
ジャンル:忍道対戦アクション

プレイ人数:1人~2人
対応ハード:PS3

発売日:2012年2月23日
価格:7330円(税込)

【キャスト】
竹内順子/杉山紀彰/中村千絵/井上和彦/日野聡/小山力也/小杉十郎太/森久保祥太郎
柚木涼香/伊藤健太郎/鳥海浩輔/川田紳司/水樹奈々/江原正士/増川洋一
遠近孝一/田村ゆかり/小森創介/菅生隆之/堀内賢雄/柴田秀勝/森川智之/勝生真沙子
糸博/石田彰/朴璐美/加瀬康之/谷育子/日野由利加/西村知道/手塚秀彰/江川央生
くじら/神奈延年/田中敦子/石塚運昇/浅野まゆみ/石川英郎/檀臣幸/川本克彦/櫻井孝宏
てらそままさき/土師孝也/内田直哉/高木渉/近藤隆/東條加那子/阪口周平/大塚芳忠/etc






 にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機へ
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

NARUTO-ナルティメットストーム2 【感想】






ナルトゲーの中では最高峰の出来だと思いますが
キャラゲーと対戦格闘の両立としては微妙なところです(´ヘ`;)





まず本作の魅力の一つでもあるボスバトルですが
これは次回作でも存在していてほしい要素ですね。
演出は良い意味でも悪い意味でも原作と違ったりしていて楽しめます。

ただ私としてはアニメもDVDで視聴していたりもするので
厳しくみてしまうところもあります。
特にサソリは一番好きなキャラでもあるしアニメの演出も良かったですからね。
それを知っていると風影奪還を素直に楽しめなくなるかもしれません。

最後に我愛羅と握手するシーンがあるのですが
ストーム2では普通に握手していただけでした。
ここはアニメと同じ演出にしてほしかったですね。

アニメでは我愛羅が砂を優しく操りナルトの手をもちあげるというものでした。
このシーンは本当に最高でしたね!
口下手な我愛羅だからこそ砂で意思表示をするという最高の萌えシーンでした!
だからストーム2でもそうあってほしかったです。

サスケVSデイダラはボスバトルじゃないんですが
なんか当初はボスバトルの予定だったんじゃないだろうか?というくらい消化不良。
アニメが神回だっただけに期待していたんですがね。
C4カルラが破裂する演出とか凄くなりそうだったんだけどな。
まぁナノサイズの表現が難しそうですがね。

ストーリーのラストは断章でサスケの八尾捕獲なんですが
何でラストにこれをもってきたんでしょうね?
ナルトでペインを倒して大団円でいいでしょうに・・・。
原作通りペイン前に捕獲でいいじゃないですか。

使用キャラは全45キャラ。

【ナルト(九尾螺旋丸)】【ナルト(風遁螺旋手裏剣)】【仙人ナルト】【火影ナルト】【サクラ】【キバ】【シノ】【ヒナタ】【シカマル】【チョウジ】
【いの】【リー】【テンテン】【ネジ】【カカシ】【ガイ】【アスマ】【ヤマト】【自来他】【綱手】
【大蛇丸】【カブト】【サイ】【我愛羅】【テマリ】【カンクロウ】【チヨ】【サスケ(千鳥鋭槍)】【サスケ(麒麟)】【サスケ(鷹Ver)】
【重吾】【水月】【香燐】【サソリ】【デイダラ】【イタチ】【鬼鮫】【飛段】【角都】【ペイン】
【小南】【トビ】【ビー】【ラース】【四代目】

奥義演出が短くなったのを知ったときは残念でしたが
プレイしてみるとスムーズなバトルを展開できるので
これはこれで良いと思います。

逆に連携奥義は微妙ですね。
連携奥義というより連携攻撃という感じ。
モーションも似たりよったりで全キャラ確かめようとも思いませんでした。
一応、組み合わせによってチーム力などに違いがでてきます。
サソリ、チヨ、カンクロウの組み合わせだと傀儡師という名がつくのですが
できることは他とあまり変わりません。
こんなのよりも、この三人での奥義がみたかったです。
ナルト×ヤマトだとグフウスイカの術が発動するみたいなやつです。
奥義じゃなくて忍術でもいいですね。
普段ナルトの術は螺旋丸ですがヤマトとの組み合わせだと螺旋丸がグフウスイカの術になるみたいな。

魅せる戦いとしては良いんですが対戦格闘としては
キャラの相性などバランスが酷いです。
特にサポートありのチームマッチだとなおさらです。

ランクマッチはサポートありのみというのも酷いですね。
面倒でしょうがサポートありのランキングとなしのランキングを用意してくれるのが理想でした。
対戦格闘でストレスなのがコンボを中断されることだと思います。
それが変わり身など実力で中断させたのならいいのですが
サポートはL1、R1を押すだけですからね。
画面がサポートで埋めつくされるとゴチャゴチャして汚い感じになるし・・・。

格ゲーやる人って単純に一対一の実力で倒したい人が多いと思うんですがどうなんでしょうね。

オンのラグは全然ないときもありますが
酷いときはストレス感じまくりですね。
日本人とやるのが無難かと思われますが
残念なことに国内検索がないんですよ・・・。

ストーリーモードでは色々なところを散策できよかったのですが
やはり使い回しが目立ちましたね。
位置関係がおかしいというか、サスケ達が意外と近くに存在したり
原作読んでたら違和感に思うかな。
そんな近くにアジトがあったら簡単に見つかるだろとw
そこはゲームと割り切るしかないないですね。

それと少し気になったのがキャラの走るスピードが遅い事です。
後半になるにつれ、これはストレスになるかもしれません。

今回はボスバトルとフリーバトルが存在しますが
個人的にバトルによってはボスバトルよりもフリーバトルのほうが難しかったかな、
特に幻ジイの試練ね。そこで登場したチヨ様ですが、
恥ずかしながら一度目は近づくことすらできずに瞬殺されてしましました(笑)
初めて強い傀儡師と出会ったので衝撃的でしたね、
こんな自由自在に動くもんなんだな~、とw
ですがプレイしていて気づいたんですが、
CPUにナルトの螺旋丸が結構な確立でヒットするんですよね、
特にダウンして起き上がる瞬間とか。
それと組み合わせて奥義も上手く当てればCPU相手なら勝てると思います。
時間制限つきのペインも螺旋丸連発で倒しました。

あと面白い試みがいくつかありました。
例えばサスケVSイタチです。
原作の終盤、イタチのスサノオに追い詰められたサスケは
徐々に後退していきますよね?最後壁に阻まれるシーンです。
ストーム2ではあのシーンがあります、バトルではなく、ただひたすら歩くだけの操作ですw
こういう遊び心は好きですね。

難易度的には初見でSランクやシークレットファクターの解除も容易に出来るくらいです、
ただ連打が苦手な私はイタチ戦は正直キツかったですね(笑)

それとたぶん気のせいだろうけど変わり身のしやすいキャラとしにくいキャラが私の中でいるんですよね。
なんでだろ・・・。

ストーム2はスリーマンセルにこだわりがあったみたいですけど
原作はスリーマンセルで行動することはあっても、
スリーマンセルで戦う事ってそんなにないんですよね。
そこから一対一の戦いになることがほとんどです、
なので一対一に重点をおいたほうがナルトらしい気がしました。

演出はアニメの神回には及ばないと思いますが、
ペイン戦はアニメよりも見応えがありましたし、
サスケ戦は原作と違い拮抗した戦いで気持ちがよかったです。
まぁサスケは本気じゃなかったんですがね。

気になる点も多々ありますが、
この出来なら次回作も安心して予約購入できます。
個人的にはワンピースもお願いしたいですね。









総評A84点 公式HP  (バンダイナムコ ゲームス)




タイトル:NARUTO-ナルティメットストーム2
ブランド:バンダイナムコ ゲームス
ジャンル:忍道対戦アクション

プレイ人数:1人~2人
対応ハード:PS3/360

発売日:2010年10月21日
価格:7329円(税込)






 にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機へ
゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚応援してます(*゜▽゜ノノ゛☆゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚
うみねこドットTV─TVアニメーション「うみねこのなく頃に公式サイト」
























上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。