スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

WHITE ALBUM2~introductory chapter~ (Leaf) 【感想】






【あらすじ】
冷たい風を震わせて、歌が聴こえてきた――
夕暮れの音楽室で俺が奏でるギターに合わせるように。
隣の教室で顔も知らない誰かが奏でるピアノに合わせるように。
屋上から響いてきた、鈴が鳴るように高く澄んだその声は、バラバラだった俺たち三つの旋律を繋いでくれた。

始まりは、そんな晩秋。
そのとき、誰かが誰かに恋をした。

誰もが一生懸命だった。誰もが強い気持ちで突き進んだ。誰もが、ひたむきに、まっすぐに、正直に――
心の底で結ばれ、かけがえのない瞬間を手に入れた。
だからそのとき、誰かが誰かに恋をしてしまった。一足遅れの、してはいけない恋を。

そして冬――降り積もる雪は、すべての罪を覆い隠し。
やがて春――雪解けと共に、すべての罰を下す。






面白かった!
なんというドラマ性なのだろうか。





いやー序章が発売されたときから欲しかったのですが本編と一緒に遊びたかったので我慢してました。
そしてそれは正解だったようでこの終わり方で待ち続けるのは苦痛すぎますw

最初は学園祭がメインのように思えたのですが、
終えてみると後半からのほうが印象に残っています。

後半は重たい話が続くのですが個人的に鬱展開は苦手。
しかし嫌な鬱展開ではなく切ない、感動といったようなさっぱりとした欝で尾を引くものではないと思います。

小木曽雪菜か冬馬かずさか…
きっとプレイした誰しもが一度は考えたであろう問題。

もう本当にどうすればいいんだ、という感じですよ。
本編で二人以外のキャラに逃避したくなる気持ちもあります。

でも今現在どちらが気になるかと問われれば冬馬かずさなのですよ。
私は身近にいる人間よりも今どうしてるかわからない人間のほうが不安からか気になってしまうのです。

だってかづさがカワイソウでね…
ずっと我慢し続けるいい子なんですよ、まぁ最終的には我慢できませんでしたが。
しかし先のない?かずさなので許してあげて欲しい…というわけにはいかないのかな~。
やっぱ雪菜の気持ちを考えるとね。
無粋かもしれませんが雪菜からみたらとんでもない寝取られですよ、体だけじゃなく気持ちまで…
行為中に鳴り響く携帯が痛々しかったなぁ。

やっぱ主人公の行動がよくなかったね。
雪菜の告白を受け入れてしまうからドロドロしちゃったんだよ。
最初からかずさが気になっていたのなら諦めず雪菜に逃避するべきではなかった…
かずさにも言われてたじゃないですか、安心安定安全でしたっけ?正直微妙に間違ってると思いますがそういうことです。
最初からかづさは無理だと決めつけて未来のあるほうを選択する、
かと思いきや冬馬かづさの気持ちも自分にむいていたと知ったとたんその気持ちは爆発してしまいます。
若さが暴走してますよーw

まぁ世間ではこういうのを最低主人公というのかもしれませんが私は嫌いじゃありません。
とても人間らしいですよ。
そして雪菜も主人公とどうしても恋人関係になりたかったわけじゃなく、
主人公とかずさが付き合ってしまうのが不安だったらしい。
自分だけ一人になるんじゃないかと…
三人一緒にいるための行動がかずさを孤独にしてしまうという皮肉な結果に…

主人公がかずさにキスするシーンでぶたれるのですが私はあれを雪菜に対する気持ちからだと思っていたんですよね。
しかしそれは主人公がキスになれているという嫉妬からくるものだったのです。
あの時のかずさは可愛くもあり可哀想でもあり切なかったですね。
かずさの本音の部分では泣きました。

意外とかずさはまわりのために自分の気持ちを押し殺すタイプかと思いましたが、
素直に行動するところもあり賞賛できます。
素直というよりは気持ちを抑えきれなかったというほうが正しいのでしょうが。

他のサブキャラも魅力的でしたよ!
武也とか女にだらしないくせにやたらと過去に何かありましたよ的な意味深な発言をするしw
女にだらしないくせに主人公に女性関係について忠告してみたりするし、彼は謎です。

やっぱり丸戸さんは凄いや。
テキストも読みやすいし伏線が丁寧。
描写も細かく徐々に距離が縮まっていくのも感じ取れました。

正直シナリオそのものはよくあるものだと思うんですよ。
しかしそのありきたりの展開をここまで面白くできるのは丸戸さんだからこそですね。
王道の申し子ですよ。

この作品で面白かったのは主人公が好きだったのはかずさという前提です。
まわりからみれば雪菜とお似合いでくっつくんだろうなぁ、という感じなのかもしれませんが、
主人公はずっとかずさが好きだった。
しかしかずさのような女性が自分のことを好きになるはずもないというところから雪菜の告白を受け入れます。
雪菜も主人公のことが好きというよりは過去の出来事からまた一人になるのが怖くて、
主人公とかずさがくっつかないように先手をうったという感じ、それが彼女の罪になります。
ドロドロしてるけどそこまで見苦しいものじゃないし面白かったですよ。

たまにこのような作品がでてくるからエロゲはやめられません。









総評A+88点 公式HP (Leaf)




タイトル:WHITE ALBUM2~introductory chapter~
ブランド:Leaf
ジャンル:AVG

シナリオ:丸戸史明with企画屋
原画:なかむらたけし/十条たたみ

メディア:DVD-ROM
対応機種:WinXP/Vista/7
発売日:2010年3月26日
価格:6090円(税込)

【キャスト】声優非公開なのでわかった人のみ記載
水島大宙/米澤円/生天目仁美/寺島拓馬/夏樹リオ/梶裕貴/etc






 にほんブログ村 ゲームブログ PC美少女ゲーム(ノンアダルト)へ
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚応援してます(*゜▽゜ノノ゛☆゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚
うみねこドットTV─TVアニメーション「うみねこのなく頃に公式サイト」
























上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。