スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

創聖のアクエリオン 【感想】






【あらすじ】
あなたと合体したい…

創聖紀0011年の地球――人類は、その人口の2/3を失っていた。11年前の大異変が原因である。
南極の氷が溶解し、1万2千年前に滅びたはずのアトランディアが出現、翼をもつ“堕天翅族”が蘇った。
彼らは生物機械兵器“神話獣”を次々と人類の都市に送り込み、人間を捕獲していった。
生体エネルギー“プラーナ”を摂取するためである。
「もう一人の翼… “太陽の翼”が氷の街に、目を覚ます…」
異変後に、特殊機関“地球再生機構ディーバ(DEAVA)”のリーナは、
アトランディアの勇者“太陽の翼”の復活を予言する。
人類は反撃を期して、海底遺跡から3機のハイブリッド戦闘機“ベクターマシン”を発掘していた。
1万2千年前、堕天翅族を滅亡へ追い込んだとされる伝説の兵器である。ベクターマシンが合体することにより、
“機械天使アクエリオン”が姿を現す。
アクエリオンを動かすには、マシンの機械生命と感応、共鳴できる“エレメント”と呼ばれる人間が必要だ。
それには特に鋭敏な五感や純真な魂が要求されるため、10代半ばの少年少女たちがパイロットとして集められた。
救世主となる“太陽の翼”を捜索していたエレメントのシルヴィアは、ターゲットを発見して愕然とする。
その少年、アポロは、盗んだ食料で生き延びている獣のようなストリート・チルドレンだったのだ。
そのとき、堕天翅族の“ケルビム兵”と“収穫獣”が襲いかかってきた。
彼らもまた、“太陽の翼”を狙っていたのだ。ディーバはベクター・マシンの出動を迫られる。
ついに“機械天使アクエリオン”の合体するときが来た……。






創聖それは君がみた光。
創聖それはふれあいの心。
うそ…気持ちいい…





考えるな感じろとはこのアニメのためにある!
人間と堕天翅の戦いを描いたハイクオリティーギャグアニメ?
それともラブストーリーロボットアクションアニメ?
このアニメは観る人によってジャンルがわかれそうな作品ですねw

12000年前堕天翅でありながら人間と恋におちアクエリオンとともに堕天翅と戦った太陽の翼。
その太陽の翼の生まれ変わりをめぐって物語りは進行していきます。
一話の段階で主人公のアポロが太陽の翼かどうか確認されていましたが、
証である背中の翼がなかったため保留あつかいに。

主人公のアポロはかなりの野生児ですね、
虫くらいだったら余裕で食べます…うえ。

ヒロインはシルヴィアというキャラなんだけど重度のブラコンです。
太陽の翼の生まれ変わりはお兄様だと信じており、
最初アポロのことは下品で汚らしい野生児というような認識。
アクエリオンはロボットアクションよりも人間関係に主軸をおいてるようで、
野生児アポロとブラコンシルヴィアの距離が縮まっていくのを楽しむという観かたもある。
私はアポロがまわりの人間とうちとけていくのを楽しんでいました、
一応これはラブストーリーみたいですし。

アポロの生活は堕天翅の襲撃により一変してしまいます、
バロンや仲間たちが堕天翅の人間狩りにあいさらわれてしまうんですよ。
自身もさらわれそうになったところでアクエリオンに搭乗し敵を撃破。

それ以降はシルヴィア達と一緒にエレメントスクールで堕天翅と戦いながら様々なことを学んでいきます。

堕天翅の一人トーマが主な敵として物語では存在してるのですが、
トーマが親玉というわけではなく
太陽の翼ことアポロニアスと一番関係性が深いということで頻繁に登場します。
トーマ以外にも堕天翅が存在するのですがいまいちパッとしませんでしたな。

アポロがエレメントスクールにきたのは、
アクエリオンに乗れるからという理由ですね、
アクエリオンに乗ってバロンたち仲間を助けるという。

アクエリオンに乗って創聖合体!のときのシーンが妙に性的で、
最初みたときは少々とまどいましたw
「気持ちいい」やら「初めての合体」などいやらしさを連想させる響きになってます。
そういうのが生理的に受け付けない方は厳しいでしょう。

アポロを語るうえでかかせないのがシルヴィアとシリウスの存在でしょうか、
シリウスとはシルヴィアの兄で、ある意味シルヴィア以上にアポロを気嫌いしてるナルシストです。
彼もまた自分こそが太陽の翼との生まれ変わりだと信じて疑っていません。
アポロとそういった人物との人間関係の描写がこの作品を根底で支えてるように思えます。

この作品でわりと濃く描写されていたのが不快感からの共有や理解といった心情の変化。
シルヴィアがアポロと精神がリンクし、
バロンを失ったときのアポロの心情を知り共有し理解し深く悲しみました、
ここらへんはよく描写されていて二人の距離が縮む過程としてちゃんと描写できてたように思えます。

バトルですがこれはこの作品をどうとらえてるかで変わりそう、
正直バトルはシリアスよりもギャグっぽくなっていて特撮のようなノリでしたw
無限パーンチ!と叫べば腕が伸びます、
無限というわりには射程距離に限界がありますがとてつもなく伸びるので問題なし?
私はバトルそのものよりもバトル中のキャラクター同士のやりとりを楽しんでいました、
言動が意味不明で面白いですよw
すごく良いことを言ってるように思えて実はそうでもなかったりとかね!

アポロの回想でバロンとの想い出が頻繁にでてきますので、
それだけアポロはバロンのことを大切に思ってるようです。
いつまでもバロンを助け出せないことに焦りと苛立ちを感じたアポロは
単身堕天翅のもとへ向かおうともしてました。

とても特殊な世界観なので馴染むのも一苦労だよね、
とりあえず二週くらい視聴してみたんだけどそう何回も観る内容ではないと思った。
あれだけ意味不明なことばかり言ってたアニメなのに意外にも内容は頭にはいってたんですよ。
アクエリオンは重要なシナリオが少なく毎回脈絡のないバトルを繰り広げていました。
シナリオに動きがあるのは中盤で少しと20話以降になります。
それ以外はキャラクターの掘り下げだった気がする、
一応仲間同士の距離を縮めるような話だったりするのですが、
戦いに勝利する瞬間だけ一体になって次の回になっても仲は悪いまま。
なので段階を経て仲良くなってる感じはしませんでした。

正直この作品はロボットアクションとしてではなく生身のバトルアニメとして観てみたかった、
エレメント候補生たちはそれぞれエレメント能力を所持してるんですよね。
そういった特殊能力で戦ったほうが面白かったんじゃないだろうか。
でもそれだと合体できないからなぁ、生身で合体とか完全にアウトじゃん…

アクエリオンといえば有名なのが主題歌ですよね!
この曲はすごいですよ、
別に熱い展開でもないのにこの曲が流れるとちょっと盛り上がりますw

作品の内容を楽しむというよりは個性ゆたかなキャラクターたちを楽しむ、
私にとってはそんなアニメでした。

なぜか『俺がヘッドだぁ~!』というシーンが印象に残ってますw
人間の醜い心の部分をやたらと描写してたアニメでした。

特に何も考えずに観ることができるので息抜きにはちょうど良かったですね。
意味不明、理解不能…そういったものを楽しむアニメだと思います。









総評B70点




タイトル:創聖のアクエリオン

【主題歌】
OP1 AKINO『創聖のアクエリオン』
OP2 AKINO『Go Tight!』
ED 牧野由依『オムナ マグニ』

【キャスト】
寺島拓篤/かかずゆみ/杉田智和/小野坂昌也/小林沙苗/阪口大助/日笠山亜美/佐藤裕美/朴璐美/石塚運昇
玉川紗己子/飛田展男/風間勇刀/森川智之/兵藤まこ/青森伸/矢尾一樹/川上とも子/小西克幸
千葉進歩/吉田真弓/戸田真衣子/etc






 ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚応援してます(*゜▽゜ノノ゛☆゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚
うみねこドットTV─TVアニメーション「うみねこのなく頃に公式サイト」
























上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。