スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ドラゴンボールZ 地球まるごと超決戦 【感想】






【あらすじ】
平和な一時を過す悟空たちであったが、地球にはサイヤ人戦士ターレスの軍団が人知れず潜んでおり、
不穏な空気が流れていた。ターレス一行は宇宙を暴れまわるクラッシャー軍団として恐れられ、
近いうちには銀河を手中に収めんとするならず者の集まりであった。
彼らは、星の生命を吸い上げて成長する神精樹を使い、その実を食べることで絶大な力を手にする。
その神精樹の拠り所として選んだのが地球であった。神精樹の種が蒔かれた地球には次々と天変地異が起こる。
北の界王から地球が衰退していくことを知らされた悟空たちZ戦士は、
神精樹を破壊して地球を救うため、ターレスたちに戦いを挑む。







最凶最悪のサイヤ人襲来?
褐色肌の悟空w





今回は導入部分がちょい長めで敵が登場するまで間があります。
地球の大地が神精樹に適していることからやってきて悟空たちと戦います。
この神精樹の実を食べるとパワーアップするみたいだね、
実を食べ続けてフリーザすら超え宇宙を征服しようと企んでいました。
個人的にターレスは結構好きなキャラです、
悟空と同じ顔してるんだけどカリスマ性みたいなのがあって
どっしりしてて余裕のあるところとかいいですよね。

実を食べ続けたおかげか下級戦士とはいえラディッツよりもはるかに強かったです。
それどころかたぶん一番最初のベジータよりも強いんじゃないかな。
界王拳10倍でも勝てませんでした。

スカウターの数値を参考にすると悟飯の戦闘力が1万くらい、
ピッコロの戦闘力が1万8千くらい、
そして悟空の戦闘力が3万以上という感じでした。

今回は悟空、悟飯、ピッコロ、クリリン、ヤムチャ、天津飯、チャオズなど
Z戦士が勢ぞろいという感じでしたが悟空以外クソの役にもたってないw
結局ターレスもその部下も全員悟空一人で倒してたしね。
時間稼ぎ程度しか出来てなかった。
ピッコロさんは今回も油断しまくりw

ドラゴンボールでお馴染みとなるハイヤードラゴン初登場作品でもあります。

導入部分が長かったせいかターレス一味との戦闘が短く感じたかな、
もうちょいじっくり観てみたかった戦闘です。

クリリンの気円斬やヤムチャの操気弾など、
久々に観れて嬉しかった。
クリリンの気円斬はなかなか脅威だよね。
操気弾は相変わらず全然ダメージあたえられてなかったですw

今回も最後は元気玉なんだけど、
一発目は倒せなくて二発目で撃破。
神精樹の気を使った超元気玉です。

もう少しZ戦士にも頑張ってほしかったよなぁ、
最後の時間稼ぎだって皆あっというまにやられちゃうし、
チャオズにいたってはその様子をみて逃げようとしやがったw
まじないわー…万死に値するね。

ここらへんまでくると前作までは主力だったピッコロも力不足になってる。
魔貫光殺砲も片手で防がれちゃったしなぁ。

最後の対峙でスカウターを何度かみせておいて、
超元気玉を放つ瞬間にターレスのスカウターが壊れる演出は良かったね。
瞬時に超元気玉の圧倒的な気をスカウターが感知し壊れ敗れ去るという演出でした。

ただ思い返してみてもやっぱそんなターレスと戦ってなかったような気がする、
まぁそもそも尺じたい短めの作品ですからそんなに描写はできないのかもしれませんが、
序盤の導入部分を短くしてその分を戦いにあててほしかったです。









総評B+79点




タイトル:ドラゴンボールZ オラの悟飯をかえせッ!!

【主題歌】
OP 影山ヒロノブ『CHA-LA HEAD-CHA-LA』
ED 影山ヒロノブ/Ammy『まるごと』

【キャスト】
野沢雅子/古川登志夫/鶴ひろみ/田中真弓/古谷徹/鈴置洋孝/荘真由美/江森浩子/宮内幸平/内海賢二
龍田直樹/渡辺菜生子/銀河万丈/真地勇志/里内信夫/佐藤正治/八奈見乗児/etc






 ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

ドラゴンボールZ この世で一番強いヤツ 【感想】






【あらすじ】
天才科学者と謳われたDr.ウィローの助手であるDr.コーチンはドラゴンボールを集め、
永久氷壁の中からDr.ウィローを50年ぶりにこの世に蘇らせた。
頭脳のみの存在であるDr.ウィローは、地上で最も強い人間の肉体を求めていた。
彼は武術の神様と謳われた亀仙人こと武天老師に目を付け、自身が造った3体のバイオ戦士を亀仙人と戦わせた。
ウーロンの頼みを受けて、危機に駆けつけた悟空たちの前に立ち塞がったのは、バイオ戦士たち、
そして洗脳されたピッコロだった。悟空とピッコロの戦いを静観するDr.ウィローは、
その戦闘力の高さを瞬時に見抜き、悟空の体を欲するようになる。






前作よりも悟空以外のキャラが活躍し良かったと思います、
見せ場もキャラによってはそれなりにあったしね!





世界で一番優秀な脳を持つDr.ウィローが世界で一番強い肉体を持つ悟空を手に入れようとしてくるので
それを阻止するというのが物語の主な流れです。
なんせ50年も前の人物ですから所持している情報も古く、
この世で一番強いのは亀仙人ということで最初は亀仙人を連れてってしまうんですよね。
まぁそのおかげで亀仙人の活躍がほんの少しではありますがみることができました。

ていうかまたピッコロふるぼっこから始まったw
かわいそうにね…
正確にはフルボッコにされたのは悟飯ですが、
ピッコロも同じようなものですよ。
毎回油断しすぎなんだってw

今回は悟空、悟飯、ピッコロ、クリリン、亀仙人が参戦。
比較的みんなそれなりに活躍してくれますが
クリリンは毎回なんの役にもたってない気がしますw
心意気だけは垣間見えますが現実は無情ですね。

相変わらず親玉以外は雑魚だなw
悟空のウォーミングアップ程度にしかなってないよ。

Dr.ウィローにはDr.コーチンという助手がいるんだけど
最後はあっさり見捨てられて谷底にまっさかさまw
結構関係は良好に思えたんだけどね。
Dr.コーチンの体は機械化されてたんだけど
あれはどういうことなんだろうか…
腕だけなら自分でサイボーグ化したんだと思うよ、
でも全身となると難しくないかい?
Dr.コーチンはDr.ウィローによってつくられた機械人形でしかなかった…
そういうことでいいのかな?
それだったら最後Dr.コーチンをあっさり見捨てたのも納得できます。
そこらへんは詳しい説明とか特になかったので曖昧なままですな。

前作でも思ったけど途中の意味不明な挿入歌は何なの?
特に今回はピッコロさん大好きの歌だったから笑うしかなかったw

界王拳が結構登場するんだけどカッコいいよね!
スーパーサイヤ人よりも好きかもしれない。
スーパーサイヤ人は特殊能力って感じだけど、
界王拳は必殺技って感じがする。
パワーアップするかわりに肉体への負荷もすごいし。

どうでもいいけどさ、
最初のタイトル表示がチカチカ点滅してやばかった。
あれは絶対に目に悪いと思うので気をつけてくださいw

この世界って人間の科学力が本当に恐ろしい世界だよねw
今までの強敵を凌駕するような存在を人間がつくっちゃうってすごいことよ。

最後は元気玉で終了。
Dr.ウィローは悟空の肉体を欲していたはずなのに
最終的には地球ごとふっとばしてやる!みたいなことになってた。
そんな彼も元気玉で逆にふっとばされちゃったわけですが…

尺的には前作よりは長く感じましたがそれでも一時間はないと思う
この頃って半年に一本くらいのペースで公開されてたから、
長編をつくるのは難しかったんじゃないかなぁ。
期間がそんなあいてないので作画などの違いは感じられないかもしれませんが、
そんなこと関係なしにそれなりに楽しめてしまうのがドラゴンボールなのです。
ドラゴンボールが好きならどの劇場版も安定して楽しめるとは思うんですよね。
安定してるがゆえに飛びぬけた部分がないのが弱点か?
次回作以降にそれを期待しましょうか。









総評B+76点




タイトル:ドラゴンボールZ この世で一番強いヤツ

【主題歌】
OP 影山ヒロノブ『CHA-LA HEAD-CHA-LA』
ED 影山ヒロノブ『戦(I・KU・SA)』

【キャスト】
野沢雅子/古川登志夫/鶴ひろみ/田中真弓/郷里大輔/荘真由美/宮内幸平/内海賢二
龍田直樹/中田浩二/矢田耕司/岸野幸正/山口健/八奈見乗児/etc






 ブログランキング・にほんブログ村へ
゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚応援してます(*゜▽゜ノノ゛☆゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚
うみねこドットTV─TVアニメーション「うみねこのなく頃に公式サイト」
























上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。