スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

うる星やつら 完結篇 【感想】






【あらすじ】
ある日、ラムは黒い服を着た老人に「お前を嫁にする」と言われる悪夢にうなされる。
サクラの占い水晶玉もラムが闇に捕らわれ、
地球も闇に包まれるという不吉な映像を映し出していた。
一方ラムの故郷で、コールドスリープで何十年も放置されていた祖父が見つかり、
『闇の世界』(ちなみに彼らの言うこちら側の宇宙は『光の世界』という設定)
に住むウパという者と「将来女の子が生まれた場合、
必ず嫁に貰う」という約束をしていたことが発覚。
後日、友引高校にウパの孫、ルパという白髪で色黒い肌の青年が空飛ぶ黒ブタに乗って現れ、
ラムの超能力を封じ、ルパが住む闇の世界へとさらって行ってしまう。

諸星あたるや弁天達はラムを救いに闇の世界へ向かい、
ラムとルパの挙式を阻止するために、闇の世界の少女カルラと共に妨害に入った。
カルラはルパの幼馴染でルパに思いを寄せていたが、
ルパはカルラのかねてからの強引なアプローチに辟易していたのだった。
しかし、ラムとあたるはルパ達の工作と互いの勘違いにより仲違いしてしまう。
あたるに愛想を尽かしたラムは闇の世界に残り、あたるはさっさと地球に帰って来た。
ところがランが闇の世界から持って来たキノコを食べようと、
その日の諸星家の夕食の鍋に入れたとたん、
巨大化して街中に大繁殖、地球を埋め尽くしてしまう勢いで増え続けた。

ラムは地球のキノコ駆除と引き換えに、あたると再び「鬼ごっこ」をすることに。
あたるがラムの角を掴むか、或いはラムに一言「好きだ」と言えば決着が付き、
期限までにあたるが遂行出来なければ、
地球の住人はラムとその一行の記憶を全て失ってしまうのである。
だが、あたるは頑なにその一言を言おうとせず、ただひたすらラムの角を巡り追い続ける。
空を飛べるラムに対し、地球人のあたるは劣勢の立場。
そんな中、弁天がうっかり記憶喪失装置のスイッチを押してしまう。
のらりくらりと空を飛ぶ「ふざけた顔」の記憶喪失装置を止めるため、
面堂達は奮起するが、まるで歯が立たずじまい。
そして、ついに全ての記憶を失う最終日の夕暮れにあたるは倒れた。
あたるは、ずっと手に握り締めていたラムの抜けた角をこぼした。
それを見たラムは「好きだ」の言葉無しで、あたるの愛を心で感じた。
二人は抱き合い、ラムはあたるに角を握らせ、記憶喪失装置はようやく止まった。
ルパとカルラも和解し、巨大キノコは無事地球上から駆除された。
こうして、第一話から続いた「鬼ごっこ」に終止符は打たれる。






あたるとラム…
二人にしか理解できない意地がある。
うる星やつら 完結篇!





この話は劇場版にして唯一原作にそった作品らしいです。
原作の最終章を映画化したんだってね。

序盤から中盤はラムと許婚のお話です。
序盤でラムの許婚が登場するんだけど闇の国の人間というわりには
地球で言うところの地方訛りがすごい男でしたw
訛りってすごいわ…イケメンでも訛ってるとたいしたことないように思えてくる。
というより何か可愛かったね、それもある意味訛りの力なのかもしれません。

許婚がラムを連れ去ってしまうのであたる達はラムを助けるため宇宙に飛び立つのですが
全体的にギャグテイストは薄味です、ちゃんと原作に忠実にしてるからかな?
いつもの劇場版だったらもうちょいあたるのおふざけがあった気がしますけど
今回のあたるは結構真剣モードです。
ラムを助けに来たのはいいけどちょっとした誤解であたるとラムは険悪になってしまい、
ラムは許婚のルパのところに残るといいだします。

最初はラムが許婚に取られてしまう?という進行の仕方でしたが
途中からあたるとラムの意地の張り合いになってましたね、
そこがこの作品の肝であり面白いところでした。
ぶっちゃけ許婚とか蚊帳の外になってるんですよ、
あたるとラムの意地の張り合いである意味これは完全に二人だけの世界というやつです。

ラムを連れ戻す道中で出会ったカルラという女性。
彼女はルパの幼馴染で彼のことが大好きみたいですが
当のルパは興味なし…でもないみたいですw
口ではラムと結婚するとか言ってるくせにカルラのことを気にかける描写が目立ちました。
ルパ×カルラ、あたる×ラム。
この二組は似たもの同士という印象を受けましたな。
アプローチをかけてるのはやはり女性のほうで
男のほうはその気持ちをごまかしてるという感じ。

あたるもラム同様カルラと結婚してやる、というような暴挙にでて
カルラを地球に連れてくるのですが、
このカルラが巨大キノコを地球で繁殖させてしまい地球存亡の危機に陥りますw
いきなりの急展開ですよ、許婚どうこうどころじゃないw
そのキノコを駆除できるのはルパだけなんですが素直にお願いできるあたるとカルラじゃありませんでした…

そこで向こう側が提案してきた条件がひとつ…
あたるがラムと鬼ごっこをして角をつかむ、もしくは「好きだ」と言う、という条件です。
期限は10日間。
あたるとラムが出会ったときにも鬼ごっこで勝負したみたいですが
鬼ごっこで始まり鬼ごっこで幕を閉じるんですねぇ。
好きと口にするなど他の人から見れば簡単なことかもしれませんが
あの諸星あたるですからねw
しかもあたるが達成できなければラムなどの記憶がすべての人間から消え去るという徹底ぶり。

時々思うのですが諸星あたるという男はやることなすこと全て適当にみえて
実はその逆なんじゃなかろうか、やることなすこと全て本気。
今回の一件にしたって地球の存亡にラムの記憶まで失ってしまうというにも関わらず、
好きとは意地でも口にしようとはしませんでした。
こんなことは適当な男には出来ませんよ。
諸星あたるは常に全力全開の気持ちいい男だったのかもな。

この通り終盤ではあたるとラムの二人だけの世界になってしまい、
許婚云々は蚊帳の外です、といってもルパもちゃっかりカルラに求婚してうまくいってるんですけどねw
あたるとラムに焦点が当たってるかわりにサブキャラの印象が今までの作品と比べて弱く感じました。
今までの劇場版だったら人気のあるサブキャラとかの出番を結構とっていたと思うんですけど
原作に忠実なこの作品はそういったこともなかったです。
メガネとか必要最低限の登場しかしませんでしたし。

終盤の鬼ごっこは面白かったのですが欲を言えばもうちょい長尺でじっくり楽しみたかったです。
たしかラスト20分くらいで鬼ごっこがスタートするので余韻に浸る暇なくEDにいっちゃうんですよ。
原作読んでないのでわかりませんがそういうところもふくめて忠実だったのかなぁ。
だとしたらページ数の限られてる原作再現の弊害に感じます、
あくまで映画なんだから追加シーンとかもありだと思いますがね。
鬼ごっこまでの過程も、もっと二人の仲を険悪にしてもよかったかな、
そのほうが空気もピリっとするし、関係が元通りになったときの感動もひとしおです。
そこの塩梅は難しいですよね、やりすぎない程度にもっと険悪にしてほしかったんですよ。

どうでもいいですがルパが従えてる黒豚の軍勢が
らんま1/2の良牙にしかみえないw
デザインはここからそのまま拝借したのかな?

作画は初期のころと比べると格段に進歩してますが、
綺麗になったぶん味が失われた気もしますね。
表情がのっぺりしていてキャラが活きていないような印象。
ビューティフルドリーマーのころの作画が好きでした。

自分はビューティフルドリーマーのような遊び心のある、うる星やつらのほうが好きですが
これはこれで面白いと思います、たぶん原作やTVアニメと合わせて楽しむ作品なんでしょうね。
私は劇場版しか観た事ないので…




総評B+79点




タイトル:うる星やつら 完結篇

【主題歌】
麻田華子『好き・嫌い』

【キャスト】
古川登志夫/平野文/神谷明/島津冴子/杉山佳寿子/永井一郎/鷲尾真知子/千葉繁
村山明/野村信次/二又一成/緒方賢一/佐久間なつみ/沢りつお/山田礼子/井上瑤
鈴置洋孝/田中真弓/安西正弘/池水通洋/佐久間 夏生/西村知道/西村朋紘/塩沢兼人
北村弘一/小原乃梨子/三田ゆう子/玄田哲章/小宮和枝/etc






 ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚応援してます(*゜▽゜ノノ゛☆゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚
うみねこドットTV─TVアニメーション「うみねこのなく頃に公式サイト」
























上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。