スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

パペッティア 【感想】






幻想的でどこか懐かしさを感じる
ファンタジーアクションゲームの良作です!
こういう作品がもっと増えてほしいですね。





私がこの作品とであったのは発売二週間前ほど。
なんとなく観てみたPVで一目ぼれしてしまい予約しちゃいました。

この作品は横スクロールアクションゲームなんですが
ちゃんとした横スクロールのアクションゲームなんていつ以来だろう、というくらい久々でした。

しかし私がこの作品を欲しいと思った要員はそういったアクション性ではなく、
いたるところにちりばめられたスタッフの遊び心とも言えるコンセプトの数々です。
まずはなんといっても作品そのものが舞台テイストになっているということです。
ゲーム画面はサイドに幕が用意されておりステージ上という設定になっています。
藤原啓治さんのナレーションがこの作品の要になってたりするのですが
ナレーションでありながら登場人物との会話に介入してきたりと結構自由です(笑)

主人公のクウタロウは一切喋りませんが代わりに妖精のピカリナが喋りまくります。
藤原啓治さんのナレーションと双璧をなす作品の要ですな、ピカリナは。
面白いのがピカリナは関西弁で喋るんですよ、
これが会話に絶妙なテンポをあたえ非常に面白いんです。
そして何よりピカリナが可愛い!
関西弁でボケ&ツッコミをこなしつつもクウタロウのよきパートナーとして、
叱咤激励してくれる可愛いやつでした。
他にも魔女だったりムーンベアキングだったり部下の将軍たちだったりと
どのキャラをとっても個性的なやつらばかりで印象に残らないキャラは存在しません。
そこらへんも舞台っぽいんですよね、主人公はクウタロウですが
舞台にあがってるときはどのキャラも主役級の活躍ですよ。

シナリオに関していえばありきたりで一章の段階である程度オチは予想できてしまいます。
でもこういうテイストの物語って物語そのものよりも
キャラのとりまく雰囲気を楽しんだりするものだと思いますので全然つまらないとは思いませんでした。
悪く言えばありきたりなんだけど良く言えば安定していて心地いいんですよね。

遊んでいて感じたんですが和と洋をいい塩梅で組み合わせてるなと思いました。
作品の表面は洋風なんですがその中にも和のテイストがあって、
和風のステージとかまさにそれですね。
洋風の雰囲気の中に和風テイストのステージがあって日本人としては嬉しい限りです。

アクション部分もよく出来ていてクウタロウの武器がハサミというのがまず面白い!
開発者も言っていましたが「チョキチョキ」っていう音が気持ちいいんですよ。
ハサミひとつで色々なことが出来るので今まで遊んだことない感覚でした。
クウタロウが使うのはハサミだけではなく物語の進行に合わせて、
バリアだったり爆弾だったりフックだったりと出来る事が増えていくのはやっぱり楽しいです。

ボス戦の難易度は低いです。ここはQTE多めなので賛否両論ありそうですが
この作品は舞台なのでQTEからなる演出を楽しむのも一つのありようなんですよね。
そう、演出です。この作品の演出はどれも凝っていて面白いです。
演出の使いまわしというのもなくお客を飽きさせません。
会話と演出を眺めてるだけでズルズル遊んじゃうゲームですね。
場面もコロコロ変わり、まさに本場の舞台転換を意識したようなつくりになってます。

あとBGMもいいですよ!
どの曲も耳に残るしヘッドパーツ選択画面のBGMを流しっぱにしたりしてます(笑)

二人用プレイもあるんですが2Pは妖精ピカリナを操作することになります。
やれることは少ないですが自分も参加してるというだけで結構楽しかったです。
ただ難易度はかなり下がります。
当然ですよね、一人でやってるときはピカリナも自分で操作しなきゃいけないのに
それをやってくれる人がいるんですから。
一人じゃ難しく感じたら誰かに手伝ってもらったりするのもいいですね。

一つ残念だったのがスタッフロールです。
せっかくここまでつくりこんだんですから最後は登場人物全員舞台にあげて
カーテンコールをやってほしかったです。
そうすることによって作中でちょっと嫌味だったキャラとかも
「演技だったんだな」と微笑ましく思えます。
些細なことのようですが最後は舞台らしくカーテンコールの大団円で終えてほしかったですね。

しかしながら目でも耳でも触ってだって楽しめちゃうパペッティアは
とてもよく出来たエンターテイメントショウではないでしょうか。
なにげにお高くないとこもいいよね。
オススメの一品です。














総評A80点 公式HP (ソニー・コンピュータエンタテインメント)




タイトル:パペッティア
ブランド:ソニー・コンピュータエンタテインメント
ジャンル:アクション

プレイ人数:1-2人
対応ハード:PS3

発売日:2013年9月5日
価格:5980円(税込)

【キャスト】
松岡由貴/片岡富枝/多田野曜平/乃村健次/松田健一郎/藤原啓治/etc






 にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機へ
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ 【感想】






格ゲーとしても後日談としても良作。
ペルソナを題材にしたお祭りゲー!





格ゲーというと何となくコアなイメージがありますが
ペルソナ4Uはペルソナシリーズを題材にした作品なので
キャラゲーとしても十分楽しめます。

アーケードで稼動していたゲームを家庭用に改良して仕上げるというのは
個人的にかなり難しいと思うのですがこの作品はそこらへんが
ちゃんと仕上がっており良かったです。
振り返ってみると私はアーケードから移植された作品で
楽しめたやつがあまりないんですよね。
エクバとペルソナ4Uに鉄拳くらいかもしれません。

ペルソナ4Uはいくつかのモードが存在しますが
やはりメインはペルソナファンには嬉しいストーリーモードでしょう。
このストーリーモードが結構よく出来ていて楽しませてもらいました。
ボイスにテキスト量も豊富でじっくり読むとかなりの時間がとられるかと思います。
単純な格闘ゲームとしてだけではなくファンも楽しめる作品に仕上がっていたのは好感がもてます。
格ゲーは鉄拳くらいしかしないもので最初は覚えることも多く操作にとまどいましたが
すぐに慣れました、と言ってもカッコよくコンボをつなげられるほどじゃありませんがw

現段階で全て遊びつくしたわけじゃありませんが
ストーリーモードとアーケードモードだけクリアしました。
残りのモードはやりこみのようなものなので一応これでクリアとさせていただきます。
じゃないと格ゲーは線引きなしに遊べちゃいますからね。

シナリオの展開は基本誰でも同じです、
今回の事件はラビリスというアイギスの姉妹機が原因になっていましたが
真相はまた違うものでした、ラビリスの闇を利用した人物がいたんですよ。
最終的にはそいつに逃亡されてしまい特別捜査隊再結成!というところでEDになります。
なので非常にその後の展開が気になる終わり方でした。
黒幕に逃亡されてしまいましたので本当の意味での事件解決とはいかなかったのですよ。
黒幕も余裕たっぷりで一度も姿を見せることなく声だけでした、
今回は挨拶をしにきたにすぎない、みたいなことを言って去ってしまいましたね。
少ない情報から推理するに敵はペルソナ3組の桐条グループに近しい人物の可能性がある…
そして人間&シャドウのペアで行動している可能性がある…

というのもシャドウらしきやつの声で
真の器を手にするためにはしゃくだがあの人間ともうしばらく行動をともにする必要がありそうだ、
というような意味深な発言をしてるんです。
あとペルソナを集めているような感じもありました、
そのために主人公たちの力試しも兼ねた大会だったのかもしれませんね。

ラビリスの人格を形成する元になった少女…
アイギスが無機質でとても機械的口調なのに対し
ラビリスはまるで人間のように流暢に関西弁を話します。
それらは全てその少女から受け継がれたものだと思われるのですが
その少女が何者でどこにいるかなどは謎のままでした。
最終的にラビリスの目的はその少女に会うこと、という感じにおさまりました。

今回の事件を通しそれぞれのキャラが今後の目標を明確に示してましたね。
真田なんていずれは桐条の組織シャドウワーカーを去り、
国家公務員になることにしたみたいです。
たぶん現場の人間というよりは上層部のもっと上を目指してるんでしょうね。
真田はどう考えても現場タイプですが力だけじゃどうにもならないこともある、
というのを今回の事件で学んだのかもしれません。
千枝も警察官になりたいみたいです、これは本編のコミュでもあった気がする。
あれ、なかったっけ?記憶が曖昧です。
真田が上に行って千枝が現場で頑張るみたいな?
まるで青島と室井さんじゃないですか。

問題なのはこの話はこれで終了なのかということですよね。
すごく続編をにおわす終わり方だったので気になります。
ただのお祭りゲーかと思ったらまさかの伏線が多々登場して困惑気味w
しかもそれを回収せずに終わったから続編を求めちゃうよなぁ。
もし続編が今回の話に関連するとしたら、
ペルソナ5は3と4をリンクさせた話になるかもしれないね。
今までは世界観だけだったリンクが色々広がるかもしれません。
エリザベスやマーガレットも意味深なことばかり言うし…
まぁそれはいつものことなんだけど。

エリザベスといえばこの作品で評価あがりました!
なんかすごくチャーミングで可愛かったw
大会には抗えないルールが存在するのですが
エリザベスだけルール無用w
チートキャラでした。
ペルソナ3の主人公を救いだす方法を探してるみたいです。
職務放棄してまでとか本人も気づかないほどの深い情愛を抱いてるみたいですね。

他にもレッスンモードやトレーニングモードにチャレンジモード、スコアアタック、
そして通常対戦やオンライン対戦など豊富なモードが存在し、
全てやりこむのは大変そうですが長時間遊べる作品に仕上がっています。
ギャラリー観賞なんかもありましたね、ムービーや音楽、イラストなんかを閲覧可能です。
難易度的には低いほうかと思いますよ、コマンド入力も簡単ですし。

スコアアタックも少しやってみたのですが
アーケードやストーリーモードとは比較にならないくらい敵が強い!
二回くらい挑戦してみましたが二回とも雪子のアギ地獄で敗北…
私のような素人には厳しい戦いになりそうです。
なんか相手側だけ能力がアップした状態にあるみたいなんですよ。
しかもコンティニューできないし…
雪子とか序盤もいいとこですからねw
追加キャラでめっちゃ強キャラを配信してくれない限りクリアできないんじゃないかなw
まぁまだ二回しか挑戦してないので頑張ればいけるかな?

チャレンジモードはキャラごとに用意された技やコンボを
表示されたとおりに入力し動作を再現するというもの。
これも素人の私にはまだ辛いモードです。
一番最初から入力していって18~19個目くらいでつまずきますね。
空中で発生させるコンボとか苦手です…
コンボとか実戦で使っていける自信ないんですけどぉ。
コマンド入力は簡単といいつつもそれはあくまで基礎に限ったことで、
応用は難しいです…

オプションは基本どころは充実していたので満足です。
格ゲーで重要なのはボタン設定とラウンド数変更、そして時間制限の変更だよね!
時間制限は絶対∞にしたいタイプです。

ペルソナといえば数多くの魅力的なキャラクターの存在ですが、
追加キャラとかきますかね?
きてくれたら確実に買っちゃうだろうなぁ。
ガンダムのほうは我慢したけどペルソナは買っちゃうよ。
ということで追加キャラください^^














総評A80点 公式HP (アトラス)




タイトル:ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ
ブランド:アトラス
ジャンル:2D対戦格闘

プレイ人数:1人~2人
対応ハード:PS3

発売日:2012年7月26日
価格:7329円(税込)

【キャスト】
浪川大輔/堀江由衣/森久保祥太郎/小清水亜美/関智一/山口勝平/朴璐美/田中理恵
緑川光/坂本真綾/竹達彩奈/沢城みゆき/釘宮理恵/能登麻美子/三宅麻理恵/etc






 にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機へ
゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚応援してます(*゜▽゜ノノ゛☆゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚
うみねこドットTV─TVアニメーション「うみねこのなく頃に公式サイト」
























上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。