スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

イース セルセタの樹海 【感想】






かつてセルセタの地を災厄から救ったのは赤毛の青年だったという…
冒険家、赤毛のアドル18歳の冒険。





イースシリーズ第Ⅳ作目にあたるイースⅣをファルコムがリメイクしました。
作品的には4作目ですが時系列的には二回目の冒険になるらしいですね。

私はPS2版でもシリーズをプレイしていますがあまりいい思い出がないのでカウントしませんw
なので私がプレイしたのはクロニクル(Ⅰ&Ⅱ17歳)→セルセタ(Ⅳ18歳)→フェルガナ(Ⅲ19歳)→イースセブン(Ⅶ23歳)という感じです。

今回のセルセタはイースセブンに習ったシステムとなっておりPTプレイです。
個人的にはフェルガナのようなアドル単独で挑むほうが冒険家という感じがして好きですが
いざ遊んでみるとやっぱ楽しい!
イースのアクションは爽快感があってサクサク進めるからいいよね。

難易度はイージーからナイトメアまであります、
ナイトメアは少しチャレンジしてみましたがめちゃくちゃ厳しそうです。
レベルも60が上限みたいだしあとはドーピングでステータスを底上げするしかないかな。

このセルセタの樹海ではアドルが記憶を失ってるところからスタートし、
道中アドルの記憶の欠片を回収していくことで物語の全容が把握できるようになっています。
冒険のメインは樹海の探索になるんですがアドルは記憶を失くす前に樹海の大部分を探索済みなんですよ、
卓越した剣術に知恵と勇気をふりしぼり順調に探索していたアドルですが
その身に何かが起こり記憶を失ってしまうというわけです。
なので感覚で言えば弱くなってニューゲームにちかいかなw

個人的にイースの魅力の一つは小さな世界で巻き起こる壮大な冒険だと思っています。
普通のRPGはその作品内で世界地図を制覇するくらい行き来しますが、
イースの場合は舞台が全世界ではなく大陸に存在する一部分だったりするんですよね。
セルセタの場合はエレシア大陸の西部オンリーで物語が展開していくわけなのです。
大陸の西部のみで物語が展開していくなんて普通のRPGじゃ考えられませんよね、
考えようによってはとても贅沢なつくりと言えるでしょう。
イースはシリーズを通して世界を網羅していくのです。

大陸の西部のみという閉鎖的な空間で物語が展開していくのに
こじんまりした印象はなくイースらしい王道で壮大な物語でした。
イースはシリーズあわせて思い返してみると本当に壮大なゲームだと思います。
大陸の西部のみでさえこれだけ壮大な冒険があったわけですから、
アドルの生涯の冒険を一つの作品にしたら今までのゲーム概念じゃ考えられないくらい重厚な作品になりそうです。

クエストもありますがおつかい系が多かったかな。
もうちょい討伐クエストがあったらよかったです。

今回は色々なところでファルコムの親切心を感じさせていただきました、
しかしそれがあだになる部分もあったのです。
作品の要素で宝箱発見率というのがあるのですが
これは100%にすることでトロフィーが獲得できる一種のやり込み要素のようなものです。
二週目以降では引継ぎができ、樹海の地図も完成された状態で引き継ぐので
プレイされた方は分かると思いますが二週目以降は宝の回収が面倒になるかと思います。
というのも未探索の場合は地図を参考に行ってない場所に適当に赴いたら宝があったみたいな感じで
テンポよく回収できましたが地図が最初から完成された状態だと
行った場所と行ってない場所の判別ができないので宝を探すのに苦労するんじゃないかなぁ…
そこは宝の表記も引き継いでほしかったよね。
採取場所の表記は引き継いでるのに宝の表記は引き継がなかったのは非常にもったいない。

シナリオやシステムにやり込み要素など色々充実しており内容は面白いのですが
やはりグラフィックは残念ですね。
残念といってもvitaにしてはという事なのですがvitaの性能を使いこなしてるような印象は見受けられません。
OPなどアニメ調の部分は綺麗なのですがそれ以外はそれなりの出来という感じです。
イースはグラフィックなど気になる作品ではありませんが
せっかくのvitaなのでもう少し頑張ってほしかったですね。

あと気になったのは伏線?のようなものが特に回収されなかったことです。
PTキャラの旧友が敵の首領に賛同し行動をともにしてるような描写があり、
なんらかの因縁がありそうな感じだったのに今回のセルセタ攻略作戦には参加してなかったらしい。
敵の首領は今回倒してしまったので今後そいつらが登場する機会はないような気がする…
最初から登場させる気がなかったにしては結構意味深な描写だったし謎です…

ファルコムのイースシリーズは安定していますね。
たしかPSPでイースⅥが発売されていた気がしますが
評価が微妙じゃなかったっけ?
ぜひVitaでリメイクしてほしいですな、
それ以外もイースⅤがまだ残ってるし今後の展開が期待されます。

PSP版でイースにハマった人は楽しめると思います。
特にイースセブンにハマった人は間違いないんじゃないかな。














総評A80点 公式HP (スパイク)




タイトル:イース セルセタの樹海
ブランド:日本ファルコム
ジャンル:アクションRPG

プレイ人数:1人
対応ハード:PSVITA

発売日:2012年9月27日
価格:7140円(税込)

【キャスト】
梶裕貴/石原夏織/平田広明/小倉唯/浪川大輔/甲斐田裕子/白鳥由里/鹿野優以
阪脩/玄田哲章/日野由利加/etc






 にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機へ
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

アンチャーテッド 地図なき冒険の始まり 【感想】






vitaのロンチタイトルとして発売された作品。
シリーズファンとして不安のほうが大きかったが
期待には十分応えてくれてます。





このアンチャーテッドシリーズは僕もファンでして全作品プレイしてます。
PS3初期のころに第一弾が発売されたアンチャーテッドも
エルドラド、黄金刀、アトランティス、そしてこの地図なき冒険で4作品目です。
元々洋ゲーの雰囲気が苦手なのでアンチャーテッドもスルーしていたのですが、
黄金刀のPVに一目惚れしてエルドラドからプレイしちゃいました。
洋ゲーが苦手な自分でも楽しい吹き替えのおかげで夢中で遊んでしまいましたね。

そんなアンチャーテッドシリーズの外伝がvitaで発売されたというわけなんです。
今まではPS3だけで発売されてきたアンチャーテッド…
vitaのスペックが高いとはいえPV観た感じだとPS3には劣っていたので大丈夫かな?と
不安でしたが十分期待に応えてくれたと言えましょう。

吹き替えから何までちゃんとアンチャーテッドだったんですよ。
主人公のネイトがまだ駆け出しだったころのお話で面白かったです。
お馴染みのサリーも登場しますよ、相変わらずいいコンビ!
ボリュームは少なく思えますが、そもそもアンチャーテッドシリーズは全体的に短いんです。
なのでこれまでのシリーズと比較してもボリューム的にはそんなに違わないんじゃないでしょうかね。

最近までペルソナ4Gをプレイしていてアニメ調でのvitaのすごさは実感していましたが、
こういったリアル調作品は初めてでした。
もちろんPS3には劣っていましたが携帯機としては凄まじい綺麗さ。
どの程度vitaの性能を引き出したのかはわかりませんがロンチでこれなら十分及第点かな。

アンチャーテッドはクラッシュバンディクーの「ノーティドッグ」が開発しているのですが
この地図なき冒険は違います、監修はしていますが開発は別らしいですよ。
しかしノーティドッグが監修してるだけあって雰囲気そのままにアンチャーテッドなのです。

難易度は今までとそう違わないかな、
若干vitaだとやりにくさを感じましたが問題ありません。
中級くらいなら回復をうまく使ってけばクリアできるでしょう、僕も基本的にFPS、TPSは苦手ですし。
判定はゆるいのでシューティングというよりもアクションにちかいかもしれません。

ちゃんとアンチャーテッドではあったのですがvitaになったことによりいらない要素も…
タッチパネルを使った操作のことです、今作品ではタッチパネルの操作がとても多い。
雰囲気的に宝物関係でのタッチパネルは、まぁありだと思います。
紙をこすったりというのは雰囲気ありますしね。
ただカヌーの操作とか格闘でのタッチ操作は不必要に思えました。
特にカヌー操作とか普通にボタンで十分ですよね。
タッチ操作にしようが雰囲気でるということもないです。
これは人によりけりですけど僕は極力液晶に触れたくないタイプなんですよね。
液晶に触れたり、こすったりというのは劣化の原因になりそうですし、なるべく避けたい。
紙をこするアクションの時も僕はティッシュでこすりましたからねw
出来るだけ指紋がつかない方法をとりました。
しかし余裕のない格闘シーンとかだとそうもいきません。
結構な回数液晶をこすることを要求されるゲームです。
vitaの機能を出来るだけ活用したかったのでしょうが
無駄なところは極力なくしてほしかったかな、一番大事なのは遊びやすさでしょうし。

ストーリーは良くも悪くも王道です。
アンチャーテッドの魅力はB級の王道シナリオなので問題ありません。
お宝にたどりつくまでのロマンを堪能するんですよ!
ネイトは毎度よく出し抜かれると言うかトレジャーハンターとしてはお人よしすぎますなw
まぁそこがネイトの魅力なんですよ、
最後にはきっちり落とし前つけてくれますし頼りになります。

シリーズお馴染みの謎解きもありますが、
ヒントというか答えを教えてくれるのでめちゃめちゃ簡単でした。
今までもそうでしたっけ?w
さすがに答えまでは教えてくれなかった気がしますよ。
間違ってたり正解してたりするたびにパートナーが一言いいますので、
消去法で最終的には必ず正解できる仕様になってます。
謎解きにあまり時間をとられたくない人にはいいかもね、達成感はあまりありませんが。

収集物の回収は少々面倒です。
お宝によってはネイトや他のキャラが音声付で一言喋ってくれるのはいいのですが、
数がとてつもなく多い気がしましたね。
特に石系…同じような石を全部収集するのは疲れました。
やっとこさトルコ石を集め終わったと思ったら次はヒスイとかw
お宝収集は素直に攻略をみることをオススメします。
そして今作では写真撮影という新しい要素があるのです、
貴重な建造物だったりを撮影する新しいお宝収集。
写真もネイトたちの音声付でコメントがありますので興味ある方は収集したらいいんじゃないでしょうか。
正直あまり重要な要素でもないのでお好きにどうぞ。









総評A80点 公式HP (ソニー・コンピュータエンタテインメント)




タイトル:アンチャーテッド 地図なき冒険の始まり
ブランド:ソニー・コンピュータエンタテインメント
ジャンル:アクションアドベンチャー

プレイ人数:1人
対応ハード:PSVITA

発売日:2011年12月17日
価格:5980円(税込)

【キャスト】
東地宏樹/世戸さおり/中尾隆聖/千葉繁/間宮康弘/etc






 にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機へ
゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚応援してます(*゜▽゜ノノ゛☆゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚
うみねこドットTV─TVアニメーション「うみねこのなく頃に公式サイト」
























上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。