スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ペルソナ4 ザ・ゴールデン 【感想】






あの名作ペルソナ4が数々の追加要素を携えてVitaで完全復活!
相変わらずRPGとしての完成度が高く時間泥棒な作品でした。





最近アニメ化されたり格ゲーが稼動したりと盛り上がりをみせてるペルソナ4ですが、
そのペルソナ4の原点が追加要素ありで帰ってきました。
新規アニメーションも結構ありましたね。

PS2版をプレイ済みなので面白いのはわかりきったことです。
安心して遊べるというのは強みですな。

ペルソナは3と4しかプレイしてないのですが
メイン要素でもあるコミュが面白くて大好きなんですよ。
コミュというのは友人たちと過ごし絆を深めていく要素なんですが
友人コミュごとにアルカナが設定されており、
それに対応したペルソナが生み出されるときに強化されるというものです。
ここらへんは未プレイの方には把握しにくいと思いますが、
ようするにキャラと絆を深めれば深めるほど主人公が強くなるということです。
また、仲間とも絆を深められるのですが仲間の場合は仲間自身も強くなってくれます。

RPGの基本は会話だったりのコミュニケーションだと思いますが
そのコミュを作品の軸にもってきたのは面白い。
普段RPGでNPCと話さない人でもこれなら話すでしょうしね。
コミュごとに抱えてる問題などがあって主人公の影響でのりこえていく。
そういった絆を深める切欠もちゃんと用意されていて楽しいです。
イベントが増量されたことにより期間も二ヶ月くらい増えてるのでスケジュールも緩和

そしてVita版では新たにコミュが追加されました。
永劫のアルカナのマリーと道化師のアルカナの足立透です。
マリーは新キャラですね、前情報でもチラチラ登場してたキャラですが、
ボクは購入するまで新たに仲間になる新キャラだと思っていました。
しかしマリーは重要なキャラですが仲間になりませんでした。
残念なような良かったような複雑な気持ちw
ボクのPTキャラは完全に固定で埋まってるのでこれ以上増えても意味ないんですよ、
変に悩まなくていいのでこれはこれでありかな。
足立透のコミュはちょっと特殊なのでそこらへんも新規要素として楽しめる部分でした。

vitaのソフトはこれが初めてなので他と比較は出来ませんが、
グラフィックはやはりPS2版より綺麗ですね。
さらに綺麗なPS3で見慣れてるとはいえ携帯機でこの画質というのは素直に凄いと思いました。
アニメ調の部分はPS3といい勝負、vitaの強みはそこかもしれない。
しかも携帯機なので自然と顔も近づけることになり、
より鮮明にグラフィックを堪能することが出来ます。

追加要素の一つとして仲間の取得するスキルがあります。
PS2版では完全にサポートだった久慈川りせ。
vita版でもサポートには違いないのですがそのサポートがめちゃめちゃパワーアップしてるんですよ。
仲間のHP&SPの回復、状態以上の回復、攻撃力&防御力の上昇に総攻撃の威力上昇など、
4人PTですがもう完全に5人で戦ってるような活躍ぶりです。
これらすべて仲間全員にかけてくれるというサポート、凄すぎます。

仲間のペルソナはコミュを深めると進化するのですがvita版ではもう一段階進化します、
正直二段階目で十分といえば十分ですがお楽しみ要素としては嬉しいですよね。
今思えばペルソナ3はシナリオで強制進化だったんだっけ。
個人的な好みで言えばシナリオで進化のほうが味があって好きかも。
そっちのほうが印象に残るし。
ただそれだと進化シナリオも用意しないといけないからコミュで進化させるほうがお手軽で無難か。

メインシナリオのほうは作品の魅力を失うネタバレが多いので伏せますが、
追加されたイベントにスキー旅行があります。
新規アニメーションもあり、意外としっかりしたイベントでした。
直斗が可愛すぎてやばいです、さすがギャルゲRPGに定評があるアトラスさん。
そうそう、スキルの話に戻りますが直斗も結構使い勝手がよくなっており嬉しかったです。
PS2版では即死に万能といった特殊スタイルでしたが
vita版では他の属性攻撃も覚えるようになり真の万能キャラになってますよ。
ただ私のスタイルは即死と万能なので覚えさせませんでしたが。

実はPS2版をプレイしたときは真EDを達成せずに終えてしまったんですよ。
いつか再プレイして達成したいと思っていたのでいい機会でしたな。
ラスボスもレベル99まで上げてたのでそこまで強く感じませんでした。
主人公は基本ロキ一匹でいけます。
心残りはマーガレットと戦ってないことですかね、
戦える条件が二周目以降なので大変ですよ。
特に私は一周目でやれることはある程度達成してしまったので
マーガレットと戦うためだけに二周目を開始するかどうかは悩みどころ。
vita版ではイベントスキップがあるので一周目よりも全然楽だとは思いますけどね。
プレイ時間は80時間くらいです、一周でここまで時間泥棒にあう作品というのも珍しい。

※なんだかんだ言って二週目やってマーガレットと戦ってきました。
ロキ一匹じゃ無理があったwていうかマーガレットもロキを手札に持ってたので勝てるわけありませんでした…
しかも途中でHP全回復するしマーガレットだけ異常に強敵だったよ。
気楽にロキ一人旅とかやってる余裕なかった。
なんとか勝ちましたけど疲労困憊の長期戦だったのさ。
しかしこれでペルソナ4Gの要素は大抵やりつくせたかな、イエーイ!

他にも家庭菜園だったりバイク免許取得して移動の幅が広がったりと様々な追加要素がありますよ。

ある意味一番驚いた要素がオマケ要素の番組です。
声優さんのコメントだったり、後日談の回想だったり、クイズ大会だったり、
ペルソナ3&4のライブ映像を一部収録だったり、アニメ版ペルソナ4のダイジェストだったり、
作中のアニメーション回想だったり、設定資料集だったり、歴代作品のPV収録だったり。
もうとにかくオマケ要素が充実しまくりで凄かったです、
PS2版にはなかった要素で、ファンにとっては本当に嬉しい項目ばかりです。
しかも、どの項目をとってもスタッフさんの遊び要素満載!









この画像は声優さんコメントのスクショを撮影したものですが遊び心を感じませんか?w
声優コメントといえば音声のみ流れるのが主流ですが
TVに声優さんのプロフィール写真を差し込んだオシャレなコーナーに仕上がっております。
フリートークではなくQ&Aという形式でマリーの質問に声優さんたちが答えていくという流れです。

PS2版では真EDをやっていないのでわかりませんが
たぶん後日談はマリーもいたしvita版で追加されたんでしょうね。
どの作品でもエピローグというのはとても大切だと思っているので好印象です。
久々に会った仲間が微妙にイメチェンしてたのが面白いw









普通に直斗が女性服を着てる!
今までの直斗だったら胸のラインが強調される服装はありえませんでしたからね。
もう直斗が美人すぎて辛いのよね。
どのイベントも直斗と過ごして終えてきました。

VITAはこんな風にスクショが気軽に撮影できるのが便利ですね。
もう少しブラウザまわりが快適になってくれたら嬉しいな。

ペルソナ4Gはこれでもか!というほどやりつくした感があるリメイク作品なので
無印を遊んだ方にもオススメできますし、
ペルソナ4を遊んだことのない方にはもっとオススメできます。
正直いきなりペルソナ4Gで遊べることを羨ましく思いますよ。

皆さんも時間泥棒されてみませんか?














総評A+85点 公式HP (アトラス)




タイトル:ペルソナ4 ザ・ゴールデン
ブランド:アトラス
ジャンル:RPG

プレイ人数:1人
対応ハード:PSVITA

発売日:2012年6月14日
価格:7329円(税込)

【キャスト】
浪川大輔/森久保祥太郎/堀江由衣/小清水亜美/関智一/釘宮理恵/山口勝平/朴璐美
石塚運昇/神田朱未/伊藤かな恵/真殿光昭/龍谷修武/服巻浩司/大原さやか/田の中勇/花澤香菜/etc






 にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機へ
スポンサーサイト
[PR]

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚応援してます(*゜▽゜ノノ゛☆゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚
うみねこドットTV─TVアニメーション「うみねこのなく頃に公式サイト」
























上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。