スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

機動戦士ガンダムF91 【感想】






【あらすじ】
一年戦争から40年以上、第二次ネオ・ジオン抗争からは約30年経った宇宙世紀0123年が舞台である。
大きな戦乱も無く平和な世界、
人類はその大半が地球から月までの軌道に設置されたスペースコロニーに移住し、
地球連邦政府という国家の枠組みを超えた全地球規模の組織に統治されていた。

しかし、長引く平和の間に地球連邦政府は再び腐敗しており、
これに対しマイッツァー・ロナは、
「人の上に立つべき者は、人々の規範となるような高貴な精神を持つ者でなければならない」とする思想、
「コスモ貴族主義」を掲げ、地球連邦政府の打倒と理想とする貴族主義社会の実現のために、
秘密裏に軍事組織 クロスボーン・バンガード(C・V)を設立していた。

宇宙世紀0123年3月、一族の鉄仮面、ドレル・ロナに率いられた部隊は、
フロンティアサイドのスペースコロニー「フロンティアIV」を急襲する。
街を覆う戦火と混乱と容赦ない死の中で、民間人の少年シーブック・アノーは襲撃から避難するために、
友人達とともにコロニーを脱出するが、
同行していた内の一人セシリー・フェアチャイルドはC・Vに連れ去られてしまう。
セシリーの素顔はマイッツァーの生き別れの孫娘ベラ・ロナだった。

シーブック達は近隣のコロニー「フロンティアI」に辿り着き、
地球連邦軍の宇宙練習艦スペース・アークに保護される。
艦内にはF91と名付けられた整備中のMS(モビルスーツ)があった。

一方、C・Vに占領されたフロンティアIVではコスモ貴族主義の実現のための国家、
「コスモ・バビロニア」の建国が宣言され、
セシリーはコスモ・バビロニアの象徴として祭り上げられることになる。

そして、F91に乗って反攻するシーブックと、専用MSビギナ・ギナを与えられたセシリーは、戦場で対峙する。






作中では道を切り開いたにすぎない…
その道を進んでいくのはこれからなんだろうか。





ガンダムには全然詳しくないので内容はそこまで理解できませんでしたw
いきなりの出オチで申し訳ないのですが
私のガンダムの知識ってゲームのエクストリームバーサスとガンダムUCで構成されてるんですよね。
エクバをプレイしていたおかげで主要キャラなどは把握できていました。

なんでもこのF91の世界は逆襲のシャアより30年後の出来事らしい。
ということはユニコーンの27年後?

序盤から容赦なく人が死んでいきますね。
いきなり戦いが始まるので日常の描写など最初の数分のみです。
これがガンダムの本来の姿なのかな。

ガンダムの定義って何だろうねー。
一番わかりやすいのはガンダムとして開発されたかどうかということなんだろうけど
このガンダムF91は当初ただのF91だったんです。
それをガンダムに顔が似てるからガンダムF91にしよう!みたいなノリでガンダムになりました。
F91を観た印象だとこういうのがガンダム!というような定義がないように思えましたね。
顔がガンダムに似てるからガンダムF91という名称になった…
ということはF91はガンダムじゃないのかなぁ、なんて思っちゃったりもして。
作中でガンダムと呼ばれてるだけで実際はガンダムではない…そんな印象です。
それともガンダムって固有名詞じゃなくてシリーズのことなのかな?
F91がガンダムシリーズの一機なのだとしたら顔が似てるのもわかるし、
ガンダムF91と呼ばれるのも不自然じゃない。
そして間違いなくこの作品は機動戦士ガンダムF91ということになります。

子供とか大人とか関係ない世界。
それどころじゃないんだろうけど大人が身勝手すぎてそれに振り回される子供たちが可哀想。
有能な大人なら従うに値するけど結構無能が多いのよ。

主人公のシーブックはちょっとしたことからF91のパイロットになるんだけど
ニュータイプだったらしく安定した戦いぶりです。
主人公のシーブックとヒロインのセシリー…
セシリーは敵側の血筋だったみたいで脱出途中で一人だけ敵のところに行っちゃったんだけど
ここらへんというかセシリーの心情が一回観ただけだと少し把握しにくかったかな。
母親切欠で行ったようにも思えるんだけど母親に会ったところでそ知らぬ顔…
この時点では覚悟を決めセシリーとしての自分を捨てたかのように思えたのだが
シーブックと再会して連邦側についたし何を考え行動していたのかよくわからない女性でした。
シーブックが死んだかもしれないときもその場ですぐに確認しないで
後々現場に戻ってきてから確認しましたから。
もし重症だったらその場ですぐに確認しないと手遅れでしょうに…
彼女は最初からセシリーのままだったと言ってたけど洗脳から急に解放されたかのような唐突感を感じたね。
連邦側にやってきたのも内部から撹乱するためだと疑っちゃいましたからw
まぁそれも彼女の涙ですぐに思いなおしましたけど…
彼女は彼女で見えない何かと戦っていたということでしょうか?
私個人の感想としては気丈で凛々しい女性のようにみえて
一人じゃ自分自身の道すら選択することのできない弱い女性に思えた。
結局彼女がカロッゾのところにいたのは流されてただけという印象。
それが間違いだとわかっていても選択する勇気がなかった、
シーブックと戦場で再会したのは彼女にとってまさに転機と言えるでしょう。
そんな彼女だからこそカロッゾは虚構の象徴としてまつりあげていたのかも。

カロッゾは作中で大量殺戮兵器バグを使用するのですがその作戦に対して
「誰の良心も痛まない、いい作戦だ」みたいなセリフを言ってるんですよ。
なんだそりゃw
たしかに無人兵器なんで良心は痛まないでしょうよ、作戦の立案者をのぞいて…
立案者であろうカロッゾ自身のセリフなので自身の良心が痛むことなど微塵も考慮してないんでしょうね。
強化人間らしい歪んだ思想の持ち主でした。
「少しずつでも人類をさっぱりさせんとな」みたいな感じで殺戮兵器を投下するような男ですよw

最後は巨大モビルアーマーのラフレシアに搭乗したカロッゾとシーブックの戦い。
セシリーも一緒でしたがラフレシアの猛攻に抗う術もなく宇宙を彷徨うはめに…
ラストのシーブックが強すぎる、やはりガンダムではニュータイプが最強なのかね。
質量を持たぬ残像ってなによ?wやたらとカッコいい表現だったけど。

全体的に楽しめたんだけどカロッゾとの戦いが終わっただけで
作中のすべての出来事にケリがついたわけじゃないので消化不良といえば消化不良。
ザビーネとかセシリーのお兄さんとか結局なんだったんだろうか…
お兄さんにいたっては途中から全然登場しなかったね、若干影が薄いかも。

ブルーレイ版を観たんだけど思ってたよりも全然きれいだった。
ノイズも古い作品のわりにはあまり目立たなかったし観やすかったよ。
上映時間は完全版でジャスト二時間。
視聴前は長いと思ったんだけど視聴後はむしろ足りないと感じてしまう不思議。

戦火に巻き込まれた少年少女たちが必死に生きようとする姿は見応えがあります。
逃げようとするものもいれば戦おうとするものもいる…
人があっさり散っていく無情な世界です。
そんな世界で少年少女たちが自分にやれることを見つけちゃんと自分の仕事をしている様は好感がもてるね。

あと曲がいいよ!
昔から森口博子さんは面白いお姉さんくらいにしか思ってませんでしたがちゃんとした歌手でしたw

作品としては結構地味だけどその地味さがF91の魅力のひとつ。

続編のクロスボーン・ガンダムもアニメ化してほしいなぁ。
その後のシーブック、セシリー、ザビーネ達の動向が気になります。









総評B+79点




タイトル:機動戦士ガンダムF91

【主題歌】
森口博子『ETERNAL WIND〜ほほえみは光る風の中〜』

【キャスト】
辻谷耕史/冬馬由美/池本小百合/寺島幹夫/荘司美代子/高杉哲平/前田昌明/坪井章子
草尾毅/大木民夫/小林清志/梁田清之/渡部猛/若本規夫/子安武人/高戸靖広/西村智博
松野太紀/折笠愛/伊倉一恵/小林優子/吉田古奈美/千原江理子/峰あつ子/横尾まり
鈴木みえ/佐藤浩之/天野由梨/大友龍三郎/竹村拓/塩屋翼/神代知衣/遠藤章史
田口昂/上村典子/稲葉実/池田勝/etc






 ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚応援してます(*゜▽゜ノノ゛☆゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚
うみねこドットTV─TVアニメーション「うみねこのなく頃に公式サイト」
























上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。