スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

涼宮ハルヒの憂鬱 【感想】






【あらすじ】
「東中出身、涼宮ハルヒ。ただの人間には興味ありません。
この中に宇宙人、未来人、異世界人、超能力者がいたら、あたしのところに来なさい。以上。」

高校入学早々、この突飛な自己紹介をした涼宮ハルヒ。
美少女なのだが、その性格・言動は変人そのものであり、クラスの中で孤立していた。
しかし、そんなハルヒに好奇心で話しかけた「ただの人間」である、キョンとだけは会話をするようになる。

ゴールデンウィークも過ぎたある日、校内に自分が楽しめる部活がないことを嘆いていたハルヒは、
キョンの発言をきっかけに自分で新しい部活を作ることを思いつく。
キョンを引き連れて文芸部部室を占領し、また唯一の文芸部員であった長門有希を巻き込み、
メイド兼マスコットとして上級生の朝比奈みくるを「任意同行」と称し拉致。
さらに5月という中途半端な時期に転校してきた古泉一樹(ハルヒ曰く「謎の転校生」)を加入させ、
「宇宙人や未来人や超能力者を探し出して一緒に遊ぶこと」を目的とした新クラブ「SOS団」を発足させる。

ところが団員として集まったキョン以外の3人は、それぞれ本物の宇宙人、未来人、超能力者であり、
キョンはSOS団の結成と前後して、3人からそれぞれ正体を打ち明けられる。
彼らが言うには、ありふれた日常に退屈し非日常を渇望しているハルヒこそ、
彼らにとって解析不可能な超常現象を引き起こす原因となっている未知の存在なのだが、
ハルヒ本人にはその自覚がないのだといい、
彼らはそのことを彼女自身に悟られずに観察するため派遣されてきたのだという。
当初は半信半疑であったキョンも、間もなく実際に超常現象に巻き込まれて命の危険に晒されたことにより、
彼らの言葉を信じざるを得なくなる。

そしてキョンとSOS団の団員たちは、
非日常を待ち望んでいるハルヒ本人に事実を悟られないように注意しつつ、
ハルヒ自身が無自覚な発生源となっている超常現象を秘密裏に解決したり、
宇宙人や未来人や超能力者たちの勢力の思惑に振り回されたり、
ハルヒが気紛れで引き起こしたり持ち込んだりする日常的なトラブルに
付き合ったりする日々を過ごすことになる。






理不尽な創造主の後始末をしてまわる
仕事人たちの奮闘を描いた作品。





ということで今更ながらハルヒなる作品を視聴してみましたよっと。
視聴したのは俗に言う2009年版という一期と二期がごっちゃになったやつです。
なので一期と二期をわけて評価するのはややこしいのですがここでは一期の評価のみ書いてみようかなと思います。

まず視聴し終わっての率直な感想がハルヒを許容でき、
キョンの語りメインの構成に耐えることができなければこの作品は合わないと思います。
私もキョンの語りはともかくハルヒの理不尽さには結構ギリギリなところがありましたね。
ハルヒは作中でもまだ確定してるわけじゃありませんが、
願ったことを現実にしてしまう世界の創造主たる神のごとき力が備わっているという疑念がもたれているのです。
しかも本人は無自覚…
この作品の要素としてハルヒのとんでも願望により実現してしまった事案を
キョンたちがあの手この手で処理していくというのがあるのですが
ハルヒのためにどこまで耐えられるかでしょうねw
個人的に私はハルヒのような理不尽で傲慢なヒロインが好きじゃないんですよ。
ハルヒは今生きてる世界がつまらないから無意識に自身が望む面白い世界につくりかえてしまうほどに
常に面白いことを探してるヒロインなのです。
しかしですよ、私から言わせてもらうと面白いほうがいいから面白いことを探してるなんて
そんな野暮なことをしてる人が一番つまらないと思う。
そういうのって自分から探すものなのかね、
面白いことが好きな人間が一番つまらないマネをしてるのが少し鼻につきました。
ハルヒほど強引で理不尽だと不思議ちゃんのレベルです。
言ってる事が理解不能…
まともに相手してあげてるキョンたちが逆に神様に思える。

物語の大部分がキョンのモノローグ気味の語りで構成されており最初は普通に視聴してましたが
不思議なことに後半になるとあきてくるんですよね。
一期はハルヒの憂鬱がピークに感じました。
それ以降は二期のあれも間に挟まり失速気味…
ハルヒの憂鬱ラストで発生した事件が一期では一番の山場だったので後は山を下っていくだけという印象でした。

バトルシーンはあまりないのですが少ないバトルシーンはなぜか結構な力がはいってましたw

ハルヒの力の発動原理はよくわかりませんでした。
キョンたちがハルヒのご機嫌を損ねないように野球で勝てるようにフォローしてたんですけど、
ハルヒが願えば普通に勝てるんじゃないの?という安直な疑問にして核心…
実際ハルヒが願ってキョンは4番に選出されたらしいしそこは最後まで面倒見てくれよ、というねw
ひょっとしたらハルヒはキョンの活躍を軸としたSOS団の結束で勝利したかったのかな…
どこまで理不尽なんですがこの創造主は…

この作品の魅力はキョンたちの日常を守るための奮闘と、
それとは逆に単なる日常を過ごしていく日々を描いてる双方の塩梅かな。
日常を淡々と描写していく感じの構成なので何も考えずに見ることができるのは楽でいいかも。
ただ個人的趣向でいえばそういった作品は若干物足りないんですけどね。

2006年版を視聴してたらもっと評価は落ちてたかもしれない。
2006年版は時系列を意図的に改変してるらしいんですよ、
前後に発生した出来事とか気になっちゃうし私には時系列順が性にあってたと思います。
私にとってはハルヒが許容できるか否かで評価が変わる、そんな作品でした。














総評B74点




タイトル:涼宮ハルヒの憂鬱

【主題歌】
OP 平野綾『冒険でしょでしょ?』
ED 平野綾/茅原実里/後藤邑子『ハレ晴レユカイ』

【キャスト】
杉田智和/平野綾/茅原実里/後藤邑子/小野大輔/桑谷夏子/松岡由貴/白石稔
松元恵/小伏伸之/白鳥由里/あおきさやか/井上和彦/森川智之/大前茜/大塚明夫/青野武/etc






 ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚応援してます(*゜▽゜ノノ゛☆゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚
うみねこドットTV─TVアニメーション「うみねこのなく頃に公式サイト」
























上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。