スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

パーフェクトブルー 【感想】






【あらすじ】
アイドルグループのチャムに所属する霧越未麻(きりごえ みま)は
突如グループ脱退を宣言し、女優への転身を計る。

かつてのアイドルからの脱却を目指すと自分を納得させ(つつも事務所の方針に流されるままに)、
ドラマ出演でレイプシーンを演じる。さらにはヘアヌードのオファーが来るなど、
アイドル時代からは考えられなかったような仕事をこなしてゆく未麻。

しかし、人気とは裏腹に未麻は現状への不満を募らせ、アイドル時代の自分の幻影さえ見るようになる。
レイプシーンやヘアヌードは本当の自分の姿なのか。自分が望んだことなのか。
そんな疑問を抱く中、何とかインターネットに接続して見たホームページに
自分の行動が本人の記憶以上に詳しく描写されていることに気づく。
未麻はストーカーに監視されていたのだった。
また、未麻の周辺で関係者が次々と殺される事件が発生する。






一途な想いは穢れた狂気へと変貌し、
それまでの日常を壊す…
「あなたは…誰ですか?」





アイドルから女優へ転向した霧越未麻の身のまわりでおこる異変を
ストーカーや猟奇殺人という実際ありえなくもない設定をまじえ描写することにより、
視聴者の不安を煽ってくるサイコホラーアニメーション。

現実的なお話をアニメにしてるので地味に感じるかもしれないが
つくりは丁寧で心理的恐怖の煽り方がお上手。
オチは序盤で予想したとおりだったが逆に予想どおりで安心しました。
あまりしないほうがいいかなぁ、と思いつつもオチは予想しちゃうんですよねぇ。
それは別に同じ展開を予想したことで優越感に浸りたいわけじゃなくて
こうであってほしい!というオチを予想してその通りだったら自分でも予想したオチだし納得できます、
逆に良い意味で予想を裏切ってくれたらこれ以上のワクワクはありませんからね。
この作品の場合は前者で予想したとおりの真相だったので納得できました。
ただBADエンドだと予想していたのに思いのほかさっぱりした終わり方でしたね。
終盤の車からかばうシーンで「え、そうくる?」と思わされました。
なぜあの状況でかばえるのか…屈折してはいますが恐らく未麻の一番のファンはあの人でしょう。
今までファンに支えられてきた彼女が、
今度はファンを支えてあげるという構図ができあがったわけです。
どんなときでもファンを大切にできる彼女はアイドル、女優の鏡じゃないでしょうか。

そしてストーカーに狙われる女性の気持ちがわかったなどというと安直かもしれませんが、
多少なりとも見えない敵から狙われる恐怖というのは伝わってきました。
自分の生活スタイルが筒抜けでネット上にアップされるとか怖すぎます、
この時代はインターネットというものが普及したての時代でしょうし、
インターネットを一種の媒介にしたストーカーというのはそんなにいなかったんじゃないかな。

未麻にとってアイドルから女優への転向は正解だったのか?
本当に女優がやりたかったのか?アイドルへの未練は?
敵はそんな未麻自身が抱えてる心の隙をついてくるのです。
敵が望むのは女優としての未麻ではなくアイドルとしての未麻…
歌わない彼女は敵にとって偽者であり穢れの象徴だったのかもしれません。
アイドルとしての未麻を崇拝してたのだとしたら女優に転向しなければ事件はおこらなかったのかな?
まぁ生涯女優はできても生涯アイドルは難しいし遅かれ早かれ避けられぬ出来事だったのかも…

現実、夢、幻覚など場面がコロコロ変わり観てる側も混乱します。
観てるうちに「いま現実?」などと自問自答することもあるかもしれないね。

作中のシーンで未麻のストリップシーンがあるんですが妙にエロかった。
そのあとすぐお芝居のレ○プシーンになっちゃうんだけど
もう少しストリップシーンを楽しみたかったくらい艶やかでしたな。

デジタルアニメもいいが個人的好みで言えば私はセルアニメのほうが好きなんでしょう。
それを再確認させてくれたアニメでもあります。
ストーカーの顔が劇的に気持ち悪いんですよ、
この汚らしさはセルアニメだからこそという印象を受けました、
必ずしも綺麗になるのがいいわけでもないんだな、と。
こういった汚らしい表現はセルアニメの武器だったのかもしれません。
まぁセルアニメどうこうじゃなく顔のつくりが単純に気持ち悪いですw
もうね、あきらかに意図的にああいうキャラデザにしたというのがまるわかりなくらい気持ち悪い。
たぶん生理的に気持ち悪く感じるようなデザインをわざとねらったのかもね。
なんか潰れた蛙みたいな顔してるの…

この作品を視聴しての率直な感想は理想の押し付けです。
結局求められてたのはアイドルという依り代であって霧越未麻ではなかったのでしょう。
アイドルとしての自分も一連の騒動も最終的には
女優、霧越未麻の肥やしになったのかと思うと彼女が少し恐ろしいです。









総評A80点




タイトル:パーフェクトブルー

【主題歌】
ED M-VOICE『season』

【キャスト】
岩男潤子/松本梨香/辻親八/大倉正章/秋元羊介/塩屋翼/堀秀行/篠原恵美/江原正士/梁田清之
古澤徹/古川恵実子/新山志保/陶山章央/etc






 ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト
[PR]

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚応援してます(*゜▽゜ノノ゛☆゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚
うみねこドットTV─TVアニメーション「うみねこのなく頃に公式サイト」
























上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。