スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

パプリカ 【感想】






【あらすじ】
パプリカ/千葉敦子は、時田浩作の発明した夢を共有する装置DCミニを使用するサイコセラピスト。
ある日、そのDCミニが研究所から盗まれてしまい、それを悪用して他人の夢に強制介入し、
悪夢を見せ精神を崩壊させる事件が発生するようになる。
敦子達は犯人の正体・目的、そして終わり無き悪夢から抜け出す方法を探る。






夢と現実の狭間で
人は苦悩し快楽に溺れる…





今敏監督が手がけた長編映画ではこの「パプリカ」が最後の作品になってしまいました。
次回作「夢みる機械」始動というところでお亡くなりに…
この人の作品は賛否両論という言葉がまさに相応しいというか、
とてもスピーディーで幻想的な演出を駆使します。
どちらにせよ独創的な発想を持ち奇才だったことに違いはないでしょう。
ちなみに「夢みる機械」は監督を他の人が引き継いで製作中らしいです。

このパプリカは幻想的なSFファンタジーという印象で、
近未来的な要素もありながらまるで童謡のような懐かしさも感じます。

DCミニという夢を共有できる発明品をテロリストに悪用され、
他者の夢が悪夢で浸食されていく事件を現実と夢を行き来し調査していくような内容です。

今敏作品は現実と虚ろの境界線が難しく混乱しやすいですが
パプリカはパーフェクトブルー、千年女優なんかと比較しても全然観やすかった気がします。

夢という非現実な場所を利用してカウンセリングのような心理治療を行っていたのは
斬新で面白い発想ですよね、しかしその発想には盲点があって
あまりにも心地がいいのでずっと夢を見続けていたい…そんな人たちもいたりするのでしょう。
この物語はそんな夢と現実の狭間で生きる人々を描いています。
現実から目を背け夢にすがる者たち…
いつしか人は夢見るばかりで叶えることを忘れてしまったのかも。

しかし夢ってまるで映画みたいだよね。
夢の中でやれないことなんてないんだよ!
そんな楽しい夢は自分だけの夢だったはずなのにいつしか他人に夢を犯されている…
DCミニの発明は本当に素敵なことだったのかどうかは難しい問題です。

「あんなはずじゃなかった自分」
「こうなりたかった自分」
それらを夢を通じてうったえかけてきたのはパーフェクトブルーに似ているような印象をうけました。
そういった感情って人間の本質だしどこにでも存在してるんですよね。
忘れないでほしいのは夢は現実逃避の場所じゃないってこと。
夢は何かを成し遂げようと前に進んでいく人たちが見るものだと思うし、
何もしない人たちが見るのは夢でもなんでもないただの妄想ですよ。

自分で夢見ることさえできないから人の夢を侵食し嘲って自慰行為に耽る…
自身の感情をコントロールするのって存外難しいものだよね。

夢を食べ成長する子供…
いつの世も夢は子供に飲まれる運命なんだねw
良い夢も悪い夢も吸い込み成長するのが子供なんだよ。
夢といっても子供を育てる肥やしにすぎません、
この作品は大人になっても子供のときに味わった夢心地が忘れられない人たちへの幻想曲だったのかもしれない。









総評B+78点




タイトル:パプリカ

【主題歌】
ED 『白虎野』

【キャスト】
林原めぐみ/江守徹/堀勝之祐/古谷徹/大塚明夫/山寺宏一/田中秀幸/こおろぎさとみ/阪口大助
岩田光央/愛河里花子/太田真一郎/ふくまつ進紗/川瀬晶子/泉久実子/勝杏里/宮下栄治/三戸耕三
筒井康隆(特別出演)/今敏(特別出演)/etc






 ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚応援してます(*゜▽゜ノノ゛☆゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚
うみねこドットTV─TVアニメーション「うみねこのなく頃に公式サイト」
























上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。