スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

人狼 JIN-ROH 【感想】






【あらすじ】
「あの決定的な敗戦から十数年」--第二次世界大戦の戦敗国・日本。
戦勝国ドイツによる占領統治下の混迷からようやく抜け出し、
国際社会への復帰のために強行された経済政策は、失業者と凶悪犯罪の増加、
またセクトと呼ばれる過激派集団の形成を促していた。
そして本来それらに対応するはずの自治体警察の能力を超えた武装闘争が、
深刻な社会問題と化していた。政府は、国家警察への昇格を目論む自治警を牽制し、
同時に自衛隊の治安出動を回避するため、高い戦闘力を持つ警察機関として「首都圏治安警察機構」
通称「首都警」を組織した。

そんな情勢下での東京。街頭では学生らのデモが行われており、警視庁の機動隊がこれと対峙している。
共同警備という名目で出動した首都警の部隊は、後方配置に甘んじていた。
また、首都警の戦闘部隊である「特機隊」の副長の半田は
デモ隊にセクトの人間が紛れ込んでいることを察していながら、
「この場の指揮権は自治警にある」と傍観を続けていた。一方セクトの面々は、
このデモに乗じて機動隊を攻撃しようと、地下水路を活用し、火炎瓶などの物資を輸送。
セクトが「赤ずきん」と呼ぶ物資運搬係を務める阿川七生は、
鞄に偽装した投擲爆弾を人ごみに紛れ実行役に渡した。
野次馬とデモ隊に紛れた実行役はデモの前線に走り出ると、投擲爆弾を機動隊に向けて投げつけた。
大きな炎と爆音に包まれる街路。機動隊員は吹き飛ばされ、
木の葉のように宙を舞う盾。出動服に火がつく者、目を負傷し視力が奪われるものなど、負傷者が続出。
ついに機動隊の指揮官は全員検挙の号令を出し、機動隊はデモ隊に突入する。

地上の混乱をよそに、地下水路ではセクトのメンバーが移動していた。
しかし、その前に特機隊が立ちふさがる。無表情なマスクと鎧のような装甲服を身に纏い、
汎用機関銃(MG42)を構えた異様な姿の特機隊員たち。特機隊は武器を捨て投降するよう指示するが、
セクトのメンバーは半狂乱の様相で特機隊にサブマシンガンを乱射し始める。
これに特機隊も直ちに応戦。セクト側は蜂の巣にされてしまう。

この音を、阿川は地下水路の別の場所で聞いていた。
特機隊によって仲間がやられたことを悟って逃走を試みるが、
彼女も間もなく特機隊に包囲されてしまう。包囲した隊員の一人、伏一貴巡査は投降を呼びかけるが、
少女は投擲爆弾での自爆を試みる。「なぜだ」伏は戸惑いのあまり、
仲間からの射撃指示も耳に入らない。阿川は意を決し、信管を作動させる紐を引き抜いた。
伏を庇って覆いかぶさる仲間の特機隊員。間髪入れず、地下水道は爆音に包まれた。
この爆発の影響で地上は停電に見舞われ、機動隊と対立していたデモ隊はその闇に乗じて逃走してしまう。

数日後、首都警幹部らが今後の対応策について話し合っていた。
元々特機隊の攻撃的姿勢が世論に指弾されていた上に、
爆発による停電で機動隊がデモ隊の検挙に失敗しており、警視庁からの批判がより強くなっていたのだ。
警視庁と首都警の縄張り問題で思うように動けないことに不満を持っていた特機隊長・巽は、
自治警との共同警備体制を破棄するよう主張する。だが警備部長の安仁屋や、
警視庁と独自のパイプを持ちつつある思惑を内に隠している公安部長の室戸は慎重論を唱える。
結局、適切な行動を取らなかった伏に何らかの処分を下すことのみ決定し、話し合いは終了した。
後日、査問会にて責任を問われた伏は、首都警特機隊養成学校での再訓練を命じられる。

伏は養成学校の同期で友人でもある公安部の辺見に頼み、自爆した少女のことを調べてもらった。
辺見に教えられた、阿川の遺骨が納められている共同墓地を訪れる伏。
阿川家の墓の所へつくと、その前に一人の少女が立っていた。
彼女は圭と名乗り、死んだ阿川の姉だと言う。
その出会いをきっかけに交流を始めた2人は、徐々にその関係を深めていく。
だがそれは室戸と、彼の下で働く辺見が企てた罠だった。
やがて事態は、特機隊が警視庁公安部と、
その背後にある首都警公安部と銃火を交える警察の「内戦」へと発展していく。






押井守が築きあげた世界観。
派手さはないが温かみと儚さを併せ持つ、
哀愁漂う良作です。





Production I.Gが制作した長編アニメでは最後のセルアニメだそうです。
作画監督は忍空やNARUTOでも有名な西尾鉄也。
視聴したのはブルーレイ版。
人狼のブルーレイはレンタルでも取り扱ってると思うので
まずはレンタルで一回観てみて気にいったら購入するというのもありかもしれないね。

この作品は約100分ほどと尺でいえば結構な長編ですが
一つ一つのシーンを丁寧にじっくり描写してるので情報量としてはとても少なく、
物語としてはギュッと詰められてます。

人はどこまで非情になりきれるのか…
共存することの難しさを地味なんだけど丁寧に仕上げた本作は良作だと思います。

首都警の戦闘部隊【特機】の存在、そして都市伝説ともいえる影の秘密部隊【人狼】
政府内での内部抗争、騙し騙され殺しあう…
地味なんだけど見応えのあるお話でした。

主人公は伏一貴という大柄な男性で特機隊に所属しています。
射撃、格闘技など様々な分野で抜群の技量を持つ彼ですが情緒面に難あり。
通称「赤ずきん」と称されるグループの構成員、阿川七生を目の前にし撃つことができず、
追い詰められた彼女に自爆を許してしまう…その事が彼にとって深い傷として残ることになるのです。
その時の失態で査問にかけられ彼は訓練校での再訓練を命じられます。
実践さながらの訓練で見事な動きを見せながらもやはり撃つことのできない伏一貴ですが
しょせん獣はどこまでいっても獣でしかない…作中でそう言われたような気がします。
伏一貴は「どうして撃たなかった?」と問われ「自分は撃つつもりだった」と答えています。
じゃあなぜ撃たなかったのか?そして撃つつもりだった少女の死になぜそこまで傷つくのか…

彼はもしかしたら生粋の獣なのかもしれません…
撃たなかったのは情などという感情ではなく追い詰められてる彼女を目の前にして気分が高揚…
そんな彼女の絶望に照らされる表情をもう少しだけ見つめていたいと思っていたのかも。
彼女の自爆で彼が傷ついてるように見えるのも、
実は彼自身の手で殺せなかったことによる悔いなのかもしれません。

伏一貴という男は血を求め肉を喰らう人の皮をかぶった「狼」なのです。

そしてこの作品のヒロイン的ポジションにいるのが雨宮圭という少女。
伏一貴とは自爆した阿川七生の墓前で知り合うことになる七生の姉…
というのは嘘っぱちで本当は七生と同じく「赤ずきん」の構成員。
公安に捕まったことにより政府の駒として内部抗争に利用されます。
伏一貴との接触もすべては仕組まれたことだったのです。
「赤ずきん」として活動してきた彼女の本質はいったいどこにあるのでしょうか…
駒としてしか機能してなかったはずの彼女が伏一貴という男と出会い、
共に時間を過ごすことにより駒としてではない雨宮圭としての生き方を想像してしまう。
しかし彼女はしょせん「赤ずきん」
決められた物語に沿ってしか生きることのできない登場人物にすぎないんだよね…

そんな感じで伏一貴を騙し接触した雨宮圭でしたが実は最初から泳がされていたんですな。
伏一貴は査問にかけられたときから常に監視されていました…

誰に?
【人狼】に。

なぜ?
彼も【人狼】だからです。

都市伝説などではなく人狼はちゃんと存在していました。
伏一貴は特機の隊員であると同時に人狼の隊員でもあったのです。
伏一貴は獣です…間違いなく人の皮をかぶった「狼」なんです。
雨宮圭の正体に気がついていながら丸々太るまで泳がせていました。
なぜならそのほうがお腹いっぱいになりますから…
現に作戦が成功したと思い込み「餌」たちが大量に誘き出されてきました。
あとは「人」の皮をかぶった「狼」が美味しくいただくだけです…

そして最後のメインディッシュは「赤ずきん」
伏一貴は彼女を食すとき悲愴にも似たような表情でしたが
私にはずっとお預けをくらってたご馳走を
ようやく食べれたときに見せる嬉々とした表情にもとれましたね。
そして彼女もまた彼に食べられることを望んでいたかのような、そんな気さえしてしまいます。
彼は食べることで愛を伝え彼女もまた食べられることで愛を受け取ったのかもしれません…

「赤ずきん」が「狼」を前にして生きのびられるなんて童話のなかだけでのお話。
そういった童話にはないリアルさが作中に散りばめられており、
押井守が持つ世界観というのを知らしめてくれました。

『ROTKÄPPCHEN』
むかし、一人の女の子がいて母親に七年も会っていませんでした。
女の子は鉄の服を着せられて、たえずこう言い聞かせられていました。
「服が擦り切れたらきっと母さんに会いにいけるよ」
女の子は必死に服を壁に擦りつけてやぶこうとしました。
とうとう服がやぶけミルクとパン、
それにチーズとバターを少しもらって母親の元へ帰ることになった女の子は、
森の中で狼に出会い「何を持ってるのか?」と聞かれました。
「ミルクとパン、それにチーズとバターを少し」と答えると、
狼は「わけてくれないか?」と言い「母さんへのお土産が減るから」と女の子は断りました。
狼はピンの道と針の道のうち「どちらから行くのか?」と聞き、
女の子が「ピンの道を行く」と答えると自分は針の道を急ぎ女の子の母親を食べてしまいました。
やがて女の子は家につきました「母さん開けて」「戸を押してごらん、鍵はかかっていないよ」
狼はそう答えました。
それでも戸が開かないので女の子は穴をくぐって家の中へ入りました。
「母さん、お腹がペコペコよ」「戸棚に肉があるからおあがり」
それは狼が殺した母親の肉でした。
棚の上に大きな猫がきてこう言いました「お前が食べてるのは母さんの肉だよ」
「母さん、棚の上に猫がいて私が母さんの肉を食べてる、そう言ってるわ」
「嘘にきまってるさ、そんな猫には木靴を投げてやるがいい」
肉を食べた女の子はのどが渇いてきました。
「母さん、私のどが渇いたわ」「鍋の中のぶどう酒をお飲み」
すると小鳥が飛んできて煙突にとまっていました。
「お前が飲んでるのは母さんの血だよ、母さんの血を飲んでるんだよ」
「母さん、煙突に小鳥がとまって私が母さんの血を飲んでる、そう言ってるわ」
「そんな鳥には頭巾を投げてやるがいい」
肉を食べぶどう酒を飲み終えた女の子は母親にむかって言いました。
「母さん、なんだかとっても眠くなったわ」「こっちへきて少しお休み」
女の子が着物を脱いで寝台に近づくと母さんは頭巾を顔のほうまでかぶって奇妙な格好をして寝ていました。
「母さん、なんて大きな耳をしてるの」「だからお前の言うことが聞こえるのさ」
「母さん、なんて大きな目をしてるの」「これでなけりゃお前がよく見えやしないからさ」
「母さん、なんて大きな爪なの」「これでなけりゃお前をうまくつかめやしないからさ」
「母さん、なんて大きな歯をしてるの」「………」

【そして狼は赤ずきんを食べた】










総評A82点




タイトル:人狼 JIN-ROH

【キャスト】
藤木義勝/武藤寿美/仙台エリ/木下浩之/廣田行生/吉田幸紘/堀部隆一/中川謙二/坂口芳貞
大木民夫/古本新之輔/松尾銀三/松山鷹志/長克巳/村井克行/尾形雅宏/沖田蒼樹/樫井笙人
浜田賢二/村井かずさ/小暮英麻/青木誠/新垣正明/etc






 ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚応援してます(*゜▽゜ノノ゛☆゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚
うみねこドットTV─TVアニメーション「うみねこのなく頃に公式サイト」
























上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。