スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

つくとり 【感想】






【あらすじ】
主人公「橋上郁」は仕事のため武蔵野府に向かっていた。
途中、月鳥町で起こった殺人事件の調査に向かう刑事「久十生寧」と出会う。
久十生の要請を受けて、郁は殺人事件の捜査を手伝うことになる。

殺されたのは、研究所に勤める「フォレスト」という身元不明の外国人。
彼の死体は、研究所の庭の木に吊るされていた。
死体を木に吊るすという行為に犯人の異常性を感じる郁たちだったが、
月鳥町では毎年祭りの季節が近づくと必ず「木に吊るされた死体」が発見されるという。
町の人間たちは、木に吊るされた死体を「ツクトリ様のいけにえ」として丁重に扱っている。
ツクトリなど存在しないと主張する郁だったが、捜査を進めていくうちに、
人の手では起こりえないような奇怪な事件に次々と遭遇していく…






伝奇ものとして無難に仕上がっており良作だと思うが
これといったインパクトは特に感じなかった。





この作品は伝奇というジャンルに該当すると思いますが
そういった迷信めいたものの怖さよりも人間の怖さを強調した作品になっています。

主人公の郁が訪れた町でとある事件が発生するのですが
その事件以外にも問題は多数発生してすべての出来事はつながっていた、
というのがこの作品の構成になっていました。
ルートは一本道というか縛りがあるので順々にプレイしていくことになると思います。

それぞれのルートは前編・後編にわかれており
前編は主人公視点固定による謎の多い伏線ルートですね、
そして後編は事件に関与した人物の視点も織り交ぜつつ
前編のルートをおさらいしながら進行していくネタばらしルートです。
ここらへんは人によってはダレちゃう可能性もあるかな。
主人公が知らないところで実はこの人たちこんなことをしてたんだよ!
という進行なんですがこの後どういうことが発生するなどの
大部分は前編の段階で知っちゃってますから事件の裏側の部分以外は
それほど新鮮に感じないかもしれません。

あと後編は過去の回想がメインの構成になっています。
事件に至る経緯には人物の過去が大きく関係しているため
必要不可欠な要素なのですがとても長いです。
ここも評価がわかれるところかもしれません。
というよりこの作品は過去の回想に限らず全体的に長かったかな。
まぁテンポの悪さは感じなかったので苦痛ではなかったです。
テキストは読みやすかったですけどギャグはそこまで面白くなかったですね、
というかどちらかというと寒い(笑)
しかしそのギャグがテンポの向上に一役かってくれたようにも思えます。

この作品は伝奇だどうだってありますけどなんてことはありません、
常に人間の懐疑的心理がまとわりつくような作品でした。
伝奇を題材にした殺人事件でしたね、特に神々しい展開などもなく
人間の手による殺人事件しか終始ありません。
なので伝奇というよりはサスペンス的な何かという印象。

伝奇のような非現実的なものは存在しない。
神なんてものは存在しないし人を殺したりもしない。
人を殺すのは人だけでただの殺人事件なんだよ…
そんな一種のリアリティを感じる部分も盛り込まれていた本作ですが
主人公のつれてたペット?あれには変な違和感を感じました。
あの部分はファンタジーっぽく感じちゃったんだよね、正直萎えたというか。
なんか主人公のペットの正体を隠蔽してるような演出になってましたけど
ぶっちゃけ初登場時に「人間でしょ」とわかってしまいました。
最後まで隠しておく演出ならもうちょい上手にやってほしかった。
あからさまにペットの存在が違和感あるし何かしらのギミックであることは容易に想像がつきます。
というか隠しておく意味がよくわからない。
よっぽどすごいネタばらしがあるのかと思ったらずいぶんあっさりしてて拍子抜けです。
最初から気がついてた自分からしてみれば猫じゃありませんでした!
と最後に言われても知ってましたし…としかなりませんでした。
車輪の国をプレイした方ならわかると思いますがあれと同じギミックがあるということです。

しかし考えてみると不思議な作品でした。
普通こういった作品はまともな登場人物の中で一人おかしいやつがいて
そいつが犯人だったりするんですけどこの作品の登場人物は全員イかれてます。
まともな人間なんて誰もいなかったように思える。
まぁだからこそ誰が何をしててもおかしくない多角的構成の作品に仕上がったんでしょうけど。

最後のルートはひっぱったわりに少し雑だった用に思えます。
ペットの正体の明かし方も雑だったんですけど
他のルートの人物たちは犯行に至った経緯を説明してくれましたが
ラストルートの人物は詳しい説明をすることなく自害しようとしたんですよ。
なんていうか全てがあきらかにならないといけないはずのルートで
大きな謎が残ってしまった…そんな印象が拭えません。
今までのルートの総まとめ的な存在になってたのはちょっと勿体無かったかな。
犯人の立ち位置が曖昧に思えたし利己的でしたね。
主人公と別れるときは涙を見せたくせに行動に迷いはなかったように思える。
その中途半端な演出が立ち位置の曖昧さを引き立ててるように感じました。
泣かせるくらいだったらもう少し人間味をださせればよかったのに…

それとラストのシーンで犯人らしき人物と電車の中で再会したような場面がありましたが
一年後に会えるわけないですよね…生きてたとしても捕まってるはずだし一年で出所できるはずがない。
捕まってなかったとしたら興ざめ…自分を見つめなおす旅とかただの逃避じゃないですか…
なので私は主人公の見た幻覚ということで自己完結させましたw
悠々自適に旅なんてしててほしくないわ!

基本この作品はルートによってキャラの印象が全然ちがってきます。
本性を知った後だと他のルートでいい子ちゃんやられてもちょっと不気味に感じるw
この作品の中に信じれる人間なんていません。
それぞれが問題を抱え秘密を抱え誰かしらと繋がってるのです。
複数の事件は一つの事件だし一つの事件は複数の事件になっています。

遊んでる最中は普通に楽しんでたんですけど
思い返してみると展開も結構予想できたりとインパクトに欠けてました。
予想の範囲内で楽しめるという意味で無難な印象を抱きましたね。

でもそれらの欠点を差し引いても良作だと思います。
種明かしされる前が面白さのピークなのはご愛嬌。




総評A80点 ブランド解散




タイトル:つくとり
ブランド:ruf
ジャンル:ADV

シナリオ:味塩ロケッツ/企画屋
原画:緒方剛志

メディア:DVD-ROM
対応機種:Windows98/me/2000/XP/vista

発売日:2007年5月25日
価格:9240円(税込)

【キャスト】
このかなみ/一色ヒカル/茶谷やすら/愛☆美奈子/町田あみ/松園ルイ/まきいづみ/etc






 にほんブログ村 ゲームブログ PC美少女ゲーム(ノンアダルト)へ
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚応援してます(*゜▽゜ノノ゛☆゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚
うみねこドットTV─TVアニメーション「うみねこのなく頃に公式サイト」
























上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。