スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

信天翁航海録 【感想】






【あらすじ】
――かつて、船があった――

あー、あー、本日天気晴朗なれども波高し。 進路ようそろ、では出港 信天翁(アルバトロス)号。

積み込む荷物は横流し品に銃器爆薬飴玉お酒になんでもござれ、ただ阿片だけは勘弁な。
立ち寄る港は薄暗く、というより明るい陽の下には出られない。
なにしろ船員たちは船長以下人間失格の奇人の目白押し、脛に傷持つ奴が当たり前、
頭がおかしい奴はこの船だと当たり前。

積み込む荷物も運ぶ船員もおかしけりゃ、泊まる先々もどこかが変だ。
海図にはない、有り得ない島に遭遇するし、海往かば往ったで幽霊船やら巨大怪魚やらに巡り会う。
こんな毎日、信天翁号の愉快な毎日、
潮風に当たればちょっとくらいのおつむの病気なんか吹き飛ぶ素敵な暮らし、
だからみんな乗り込んでくる―――なんでか脱走したがる奴もいるけれど。

そして前途に立ちこめるは文字通りの暗雲大波、天気最悪にして波大荒れ、
しかれど船員たちの意気は絶好調。
どんな大暴風雨が吹き荒れようと、どんな三角波がおっ被さろうと、船の中のほうがもっと激しい。
船員たちは嵐より狂っている。

あー、あー、信天翁号、どこから流れてなにを求めてどこへ往く、それは大いなる謎。
船長だってそのあたりの事、判っていない。
あー、あー、信天翁号、どこへ往く―――

―――なんだ、結局みんな、この船しか居場所がないんじゃあないかッ!?―――






設定や雰囲気には目を見張るものを感じたが
私が想像していた内容と若干のズレがあり馴染めなかった。





公式で絵を見て雰囲気もよさそうだしと購入してはみましたが
自分が想像してたのはもっと軽快なノリを終始貫いてくれる作品だったんです。
この作品も軽快なノリがもちろんあることにはあるのですが
全体的にジメジメした雰囲気がつきまとってたような気がしてなりません。
キャラは軽快なんだけどシナリオが根暗?という印象。

仲間たちとの楽しい航海のお話しかと思ったら神話や伝奇といった神々しい内容でした。
伝奇は嫌いじゃないけどこの作品にそれを求めてたかというとそうではなかったのでね。

あとテキストが読みにくかったかな。
こういったノベル形式のテキストはFateやキラキラなど何本か遊ばせてもらい、
これらの作品はテキストが気になるとかは思わなかったのですが
この作品は読みにくく感じました。
言い回しのくどさが原因かな?
妙に哲学的で芝居がかった表現を用いていたので馴染めませんでした。

ここの作品は他に霞外籠逗留記をプレイしていますが
こっちは見たまんまの伝奇作品だったんですよね。
信天翁航海録は一見お祭り騒ぎで
伝奇などの暗い要素とは無縁のような雰囲気をかもしだしてはいますが
結局は霞外籠逗留記と同じ括りのゲームに思えました。

船旅の途中で一応のドンチャン騒ぎはありますが
作品についてまわるミステリアスな雰囲気のせいで
ジメジメした感じが拭えず素材を殺してしまってる気がします。

テンポの悪さというのは終始感じましたね、
伝奇特有の謎めいた雰囲気を演出するためか色々ともったいつけて
一つのシーンを長々と時間をかけてやったりしてるのでテンポが死にダレます。
長々とやってたわりにはそんな進んでなかったりしますし…

全ルートプレイしてみましたが率直な感想は
ずいぶんと小奇麗な作品だったんだな、というものです。
あのハッチャけた登場キャラクターには相応しくない物語の数々でした。
そういうところでも素材を殺してるように思えましたね、
まぁキャラのイメージとは逆の方向に向かうというのは
ある意味お約束の展開ではありますがこの作品に限って言えば
ちゃんとキャラを活かして物語を彩ってほしかったように感じます。

起動したときは期待感を煽られましたよ。
だってOPの歌がめっちゃファンキーで軽快でカッコよかったんですから。
できればOPから連想できる内容であってほしかった。

もっとも私がこの作品に辛口なのは自分が求めていたものとは違うというだけで
作品のすべてを否定してるわけではありませんからね。
ようはボタンの掛け違いというやつです!
楽しいお馬鹿なお祭りゲーがやりたいと思ってこの作品を買ったのが失敗でした。

こういう語りの部分が冗長な作品をやると自分には小説は合わなさそうと思い知らされます。









【---】 公式HP (raiLsoft)




タイトル:信天翁航海録
ブランド:raiLsoft
ジャンル:ADV

シナリオ:希
原画:こめ

メディア:DVD-ROM
対応機種:Windows98/Me/2000/XP/vista/7

発売日:2010年7月23日
価格:9240円(税込)

【キャスト】
金田まひる/水純なな歩/野月まひる/草柳順子/高槻つばさ/etc






 にほんブログ村 ゲームブログ PC美少女ゲーム(ノンアダルト)へ
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚応援してます(*゜▽゜ノノ゛☆゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚
うみねこドットTV─TVアニメーション「うみねこのなく頃に公式サイト」
























上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。