スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

The Last of Us 【感想】






相変わらずの映画クオリティ!
巷での評価が高いのもうなずける完成度です。





ラストオブアスといえばアンチャーテッドで有名なノーティドッグが開発し、
アンチャーテッド2のディレクターが手がけるということで発売前から注目され、
僕も注目していた作品です。

ジャンルはサバイバルホラーアクションアドベンチャー。
まぁゾンビゲーというやつです。
僕はあまりというかまったくゾンビゲーをやらないので新鮮でしたね。
この作品はただゾンビをぶっ飛ばしてストレス解消というのではなく
とてもドラマ性のある内容に仕上がっています。
正直私の中にあるゾンビゲーに対するイメージを変えてくれました。
ゾンビゲーでこれだけドラマのあるシナリオは他にないんじゃないでしょうか。

ゲームの始まりは20年前からスタートします。
ここで操作できるのが主人公のジョエルではなく娘のサラというのもポイントかな。
感染者の出現…平穏で幸せだった日常の崩壊…最愛の娘の死…
もう冒頭からすごかったです、車で家から脱出するジョエル親子とジョエルの弟のトミー。
ここらへんはサラ視点で車の中からただ見てるだけなのですが演出がすごすぎて
まるで遊園地かなんかのアトラクションです。
見てるだけでここまで楽しめる進行はアンチャーテッドからちゃんと受け継がれてました。

そしてサラが死に時は一気に20年後に飛び本編がスタートするわけです。
なんか感染者出現によって隔離ブロックがつくられたみたい。
閉鎖的だが安全な一部分で生活してるみたいです。

物語は主人公ジョエルともう一人の主人公エリーの旅がメインです。
感染したにも関わらず発症しないエリーには免疫があるんじゃないかということで
ワクチン開発の鍵になる彼女をとある組織まで送り届けるのが全体の流れです。
エリーと出会ってから目的を達成するまで約一年くらい旅をしてたんじゃないかなぁ。
その旅の中で最初はギクシャクしていた二人の関係も様変わりし、
お互いに信頼しあうパートナーのようなものに変化していました。
二人の関係性ってまわりから見たら親子にしかみえないんだろうけど
親子のようで親子ではないんですよね…それは作中にジョエルの口からはっきり言われてますし。
ジョエルにとっての娘はサラだけなんでしょう。
ジョエルとサラの関係は何にも当てはまらないとも言えるし何にでも当てはまるとも言えます。
終盤での二人は熟年夫婦さながらのコンビになってました(笑)
ジョエルのピンチの時のエリーの頼りがいがやばいw
14歳でこれだけ頼れる相棒というのも稀有でしょう。

上記でも記述したように物語は約一年です。
こんなありえない非日常の旅のなかでも季節によって二人の服装が違っていたりと演出が細かかったですね。

この作品には特にボスと呼べる存在がいないので完全に全体の流れというか、
二人の旅を見守り、その二人の関係性を楽しむものになっています。
ラストの終わり方は賛否両論なんでしょうね。
非常にあっさりしておりとてもゲームのEDとは思えない終わり方でしたが
逆に言えばとても映画らしい終わり方に感じたのでやはりこの作品は「遊ぶ映画」なんでしょう。

約一年も続いた旅を無に帰すようなジョエルの決断…
ジョエルはエリーを犠牲にして救われるよりもエリーとともに地獄を生きていくことにしたのです。
ある意味とても自分勝手な行動ですがジョエルとはそういう人間なのです。

ゾンビゲーということでゾンビが一番の敵か?と言われれば私はそうでもないと答えます。
この作品は人間のほうが怖いです、特にジョエル(笑)
20年前から結構シビアというか容赦ない感じがありましたが
感染者の出現で容赦のなさに磨きがかかってます。
アンチャーテッドのネイトとは違った意味で魅力的じゃないでしょうか。
感染してない人間を容赦なく殺します…敵対してくるやつはもちろん、
命乞いしてくるやつまで殺します…感染者よりも怖いw
96時間という映画の主人公ブライアンにどことなく似ています。

逆にエリーはこんな荒廃しきった世界でも優しさと明るさを合わせもった女の子で
ジョエルとは逆の意味で魅力的でした。
そして困難に立ち向かう勇気もあり、場合によってはジョエル並に容赦ない行動もしたりと
だんだんジョエルに似てきたんじゃ?と思うシーンもチラホラと…

感染者たちであふれる世界でエリーの無邪気さは救いですなぁ。
ホタル見つけてテンション上がったり口笛の練習しだしたりと、
緊迫した空気の中での彼女のそんな行動は和みます。
ここらへんは14歳らしいよね。

さて、ゲームの操作性ですがアンチャーテッドをプレイしたことある人ならすぐ馴染むでしょう。
そんなに違いません…やれる操作もだいたい似た感じです。

難易度は中級でクリアしましたがちょうどいい感じかな。
僕が下手糞なのか中級でも結構死んじゃいましたw
アンチャーテッドと違ってジッとしてれば回復するわけじゃなく、
治療キットというアイテムを使わないといけないのです…
なのでそこらへんをアンチャーテッド感覚でいると苦戦するかもしれませんね。

隠密行動でやりたいのに結局見つかってしまい打撃武器で倒すというパターンが多かった気がするw
今思うともっと銃火器を使えばよかったと後悔…
というか火炎瓶が強いんですよねぇ…火炎瓶のストックに制限がなかったら
火炎瓶だけでクリアできちゃいそうなくらい火炎瓶が強いです。
逆に煙幕は一度も使いませんでしたがどんな感じになるのかな…

最初はフリッカーに苦戦しました。
フリッカーは僕の得意な打撃が通じませんし一撃必殺の攻撃もしてくるので最初は難敵でした。
一匹ならいいけど数多く配置されてることが多いんですよ。
隠密で近づいてナイフでバッサリが一番楽なんだけど、
この作品は結構ナイフを重宝するので序盤は気軽に使えません。
ナイフの強度が上がればバッサリしやすくなりますけどね。
強度が低いうちは一回バッサリやっちゃうとナイフが壊れちゃうので…

ブローターという種類はまともに相手すると疲れます、見た目どおりのタフガイなのです。
やっぱ火炎瓶で削るのが楽!火炎瓶いいよぉ火炎瓶。
まぁゾンビよりも人間のほうが嫌です。
ゾンビと違ってこちらを見つけよう見つけようとしてくるので面倒なのですよ。
終盤では火力の高い銃火器を装備してますしね…

感染者がうじゃうじゃいる世界で少女を運ぶだけという内容は少しばかり異質かもしれないね。
ゾンビを倒してどうこうする作品ではなく希望になりえるかもしれない少女を運ぶだけのお話です。
感染者という非現実的な世界観とそのキャラクターたちの現実的で地味な行動がマッチしてるように思えました。

結局最後は救いもなく、あったはずの希望もジョエルの独断で摘まれたわけです。
あるのは「いま生きてる」という現実だけ…









総評A82点 公式HP (ソニー・コンピュータエンタテインメント)




タイトル:The Last of Us
ブランド:ソニー・コンピュータエンタテインメント
ジャンル:サバイバルアクション

プレイ人数:1人(オンライン時:8人)
対応ハード:PS3

発売日:2013年6月20日
価格:5980円(税込)

【キャスト】
山寺宏一/潘めぐみ/朴璐美/田中敦子/高橋広樹/浅野真澄/谷昌樹/大川透/内山昂輝/藤村歩
相沢まさき/etc






 にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機へ
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚応援してます(*゜▽゜ノノ゛☆゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚
うみねこドットTV─TVアニメーション「うみねこのなく頃に公式サイト」
























上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。