スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

グリザイアの楽園-LE EDEN DE LA GRISAIA- 【感想】






【あらすじ】
A man divides fruits picked up, and takes out the seed. The seed taken out is buried under ground.
It will put out the bud, and become a gigantic tree, and to keep growing up after the man dies.
The name of the gray tree is [Grisaia]. That tree is not necessarily the last one in the world.

(男は拾った果実を割り、種を取り出す。取り出された種は、地に埋められる。
それはやがて芽を吹き巨木となり、男の死した後も成長を続けることだろう。
その灰色の世界樹の名は “グリザイア” その樹は世界に一本とは限らない──)

──ずっと変わらないと思っていた学園生活。
皆と同じ方角を向き、同じ足並みで歩んでいると、いつしか感じ始める錯覚。
このまま皆と同じ道を行けば、同じ場所にたどり着けると信じてしまう。
そしてふと気付いてしまう。人の数だけ歩んできた道があるように、人生に同じ道などないのだということに。

──麻子、俺、もう5人救ったぜ?
だから、もういいよな…? 俺、もう死んでも…いいんだよな…?
わかってる、たとえ誰かを救っても、俺の過去はなかったことにはならない。
それでも、笑って死ぬって、こういうことなんだろう?

もう会えないかもしれない。 それでもずっと、思い出は胸にある。
だがこの世の中、そんな言葉だけで満足するほど可愛らしい女ばかりではない。

それは、一人の少年が実感した、たった一つの真実──






シリーズ三部作の完結編…
そこそこ楽しめたし、
ラストは比較的キレイに終えたほうだと思いますが
ボリューム面は色々と残念でしたね。





第一部グリザイアの果実では個別ルートが存在し、
ルートのヒロインの問題を主人公である雄二が解決してあげ結ばれるという一般的な手法でしたが
第二部である雄二の過去…グリザイアの迷宮では誰か一人だけを救ったというのではなく
ヒロイン全員を救ったことになっています。
簡単に言うとヒロイン全攻略後のお話が迷宮であり楽園でもあるんですよね。

果実では個別ルートだったので感じませんでしたが
迷宮から全ヒロイン攻略済みという方向転換をしたので
この楽園ではハーレム色が強くなっています。
正直いつから雄二モテモテのハーレムゲーになった?と一種の疑問を抱くくらいにはハーレムやってました。

無人島で雄二以外全員女、悠々自適にヒロインたちとエッチしながら毎日を過ごす…
楽園だよ、まさに楽園だよこれ…悲惨な人生を送ってきた
雄二やヒロインたちだからこそ許されることなのでしょうか…
と言ってもそこらへんのお話は本編クリア後のアフターでのお話であって
本編では皆さんそれぞれ奮闘してましたよ。

迷宮の終わりからそのまま続いており良い意味でそれまでの流れを維持できてたように思います。
序盤から中盤はヒロインたちの独壇場という感じでした。
雄二は拉致られてしまってるのでもう捕らわれのお姫様状態。
愛した男のためにテロリストに立ち向かうヒロインたち。
うん、ちゃんとヒロインしててよかったと思います。
グリザイアのヒロインたちはキャラが強いから何かしら行動するにしても印象に残りますよね。
ご都合主義全開の流れも多くあったりしますがそれもこのヒロインたちだったら妙に納得というか
それだけなんでもござれのヒロインたちなのです…

内容は悪くなかったのですが問題はボリュームですよね…
いま思い返してみるとほとんどヒロインたちの雄二奪還作戦がメインで
雄二の活躍はヒロインたちに助けられてからなわけですが
雄二救出→ヒース・オスロとの決着
という感じで雄二の活躍の場がすごく少ないです。
もちろんそれまでの遅れを取り戻すかのように敵地で暴れまくりなのですが
質はよくてもあまりにも量が少なすぎますね。

グリザイアの楽園は本編とヒロインたちの出会いを描いたプロローグ、
そして本編後のお話を描いた楽園アフターがあります。
プロローグがいらないとまでは言いませんがプロローグ分を本編にあててくれてたほうが嬉しかったのも事実。
もしくは二部作にして迷宮と楽園の内容が一つになってたらボリューム不足も解消されてたかもしれません。

もう一つ残念だったのはデイブ教授に麻子のシーンがなかったことでしょうか…
麻子かわいいよ麻子…なのに何でシーンないのか…
雄二最愛の女性である麻子のシーンが用意されてないなんておかしいでありんす。

楽園アフターで女性を一人にしぼるように言われるが結局は一人にしぼれない雄二。
そこで雄二がとった方法が一番最初に妊娠した人と結婚するという運まかせの逃げ…
これは実に雄二らしいと思いましたね、女性が妊娠してしまえば責任感が生まれ
必然的に選べる、選ばざるを得ないというわけです。
ここでミソなのがヒロイン側にその雄二の考えを伝えてないことでしょうか。
普通にエッチするなかで誰が最初に妊娠するのか…完全に運まかせです。
まぁ非難されて当然の最低な選び方かもしれませんが
ここらへんは雄二らしく根本的な部分でやっぱ雄二は雄二なんだなと…彼は臆病なんですよね。
妊娠したのは松嶋みちるです…
ハーレムハーレムやってたのにそこらへんを有耶無耶に終わらせないで
頭一つ分くらい優位に立つヒロインをださせるというのは少し斬新に感じました。
だってよくある流れだったら一人にしぼれないってなった時点で全員幸せにする、
これがエロゲのセオリーだと思うんですよ、もちろん雄二は松嶋みちるが妊娠したとしても
変わらず他のヒロインたちも愛し幸せにするんだと思います。
しかしそこであえて妊娠するヒロインをだし、しかもそれが松嶋みちる…
ライターは面白いことをするなぁ、と思いましたね、僕は好きですよ。
妊娠するにしても天音か由美子が一番自然だと思うんです、
でも松嶋みちるだったんですよ、あえて松嶋みちるだったんです。
僕は松嶋みちるでよかったと思いますね、他のヒロインは妊娠したことに驚きながらも
比較的自然と受け入れてたと思うんです、天音なんか驚きすらなく喜びだけしかなかったかもしれません。
あのヒロインの中で馬鹿だからこそ真っ先に妊娠し馬鹿だからこそ誰よりも悩んでしまう…
そんな松嶋みちるだったからこそライターに選ばれたのかもしれませんね。

最初に妊娠したものと結婚すると言いつつもあの島で暮らしていくのであれば
遅かれ早かれ全員妊娠するでしょうな(笑)
松嶋みちるが最初に妊娠したというだけであって結局は選べてないままなのかもしれません。
最初に妊娠した人と結婚するっていうけど松嶋みちる以外は避妊してたらしいし
雄二にはこうなることがわかってたのかな…
そう考えるとある意味雄二はみちるを選んだと言えなくもないですね。

って本編ではなく楽園アフターのことばかり書いてますね…
本編の出来はいいのですが上記でも記述したようにボリュームが残念。
まぁ三部作なので合わせて考えたらボリューム的にも問題ないんだろうけど
単体で考えるとどうしてもね…
ボリュームもそうだけど因縁のヒース・オスロがあっさり倒されちゃったのもなぁ…
オスロの前に戦った雄二のクローンのほうが苦戦したっていうのはどうよ…
一応オスロに戦術の基礎を師事したこともあるのにあまりにもあっさりやられちゃったよ。
三部作で初めて雄二の本領が発揮されたラストは良かったと思います。

やっぱグリザイアの一番の魅力はキャラクターなんですよね、と再認識。
シナリオだなんだと言われてますが僕にとってはキャラゲーでした。
三部作として無難にまとまってると思いますし単体として考えると色々とさびしいですが
三作品あわせて考えると良作シリーズだと思います。









総評B+78点 公式HP (FrontWing)




タイトル:グリザイアの楽園-LE EDEN DE LA GRISAIA-
ブランド:FrontWing
ジャンル:ADV

シナリオ:桑島由一/藤崎竜太/かづや/鳴海瑛二
原画:フミオ/ぽよよんろっく(渡辺明夫)/ななかまい/INO

メディア:DVD-ROM
対応機種:WindowsXP/Vista/7

発売日:2013年5月24日
価格:9240円(税込)

【キャスト】
民安ともえ/羽仁麗/一色ヒカル/雪見そら/岡村美佳沙/野々村紗夜/秋山樹/桜城ちか/かわしまりの
まきいづみ/青山ゆかり/東かりん/楠鈴音/やじまのぼる/水樹空/倉島丈/おイモ/綾瀬あかり/唯香
中里圭太/青葉りんご/奈都水環/今野蒼衣/岩魚/神宮寺穂波人/瀬内蘭丸/成瀬伊織/つきのきみさ
黒衣虹男/花京院秋法/おっさん/ますおかゆうじ/カマンベール十円堂/葉市憂/橘まお/etc






 にほんブログ村 ゲームブログ PC美少女ゲーム(ノンアダルト)へ
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚応援してます(*゜▽゜ノノ゛☆゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚
うみねこドットTV─TVアニメーション「うみねこのなく頃に公式サイト」
























上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。