スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

対魔忍アサギ3 【感想】






【あらすじ】

魔、そらに知ろしめす。なべて世は事も無し――――
闇の存在・魑魅魍魎が跋扈する近未来・日本。
人魔の間で太古より守られてきた “互いに不干渉” という暗黙のルールは、
人が外道に堕してからは綻びを見せはじめ、人魔結託した犯罪組織や企業が暗躍、
時代は混沌へと凋落していった。
しかし正道を歩まんとする人々も無力ではない。
時の政府は人の身で 『魔』 に対抗できる “忍のもの” たちからなる集団を組織し、
人魔外道の悪に対抗したのだ。
人は彼らを “対魔忍” と呼んだ――――

東京湾に浮かぶ廃棄島 “東京キングダム”。
そこへ逃げ込んだ魔に与する元与党幹事長・山崎を追って潜入したアサギ、さくら、紫は
山崎の抹殺に成功するものの、
敵の放った魔界医療技術によって強化され化け物と化した兵士たちの逆撃を受けて逃走することに。
そこへ突如現れた重武装の対魔忍。
彼女は数年前、戦闘中に四肢を失う重傷を負って出奔した “抜け対魔忍” アスカであった。
アンドロイドと化した四肢を操り強力な敵を撃滅するアスカとの邂逅から、
アサギ最期となる壮絶な戦いへの火蓋が切られようとしていた……!






女性としての尊厳や対魔忍としての誇りを
徹底的にへし折りにきたシリーズの集大成。
エロ直球勝負の潔さに感服しました。





エロアニメや実写AV化までされエロゲをプレイしない層にまで
その存在を知らしめる有名シリーズの第3弾です。
対魔忍アサギ3とありますがこの作品をより楽しむために
ムラサキもやっておいたほうがいいかもしれません。
主要人物の一人に紫がいたりするので…
逆にユキカゼはやる必要ないですね、
名前が少しでてくるだけでキャラクターは登場しません。
個人的にシリーズで一番楽しめた作品なのでユキカゼもいれてほしかったなぁ。
作品としてはエロいのでおすすめです。

とは言いつつも対魔忍アサギ3からやっても問題ないっちゃ問題ないと思います。
これまでのシリーズがそもそも低価格作品でしたし内容も無いに等しいですからね。
今回はフルプライスになってどうなる対魔忍シリーズ!?
という感じでしたが個人的にはとてもエロエロで素晴らしかったです!
シーン数は最近のヌキゲと比較すると多くないのですが
そのぶん一つ一つのシーンの完成度が高く濃厚で満足度が高いです。
原画を担当してくれてるカガミさんがたくさん描いてくれたおかげかな?
一粒で二度美味しいみたいな印象で1シーンなんだけどエロシーンがいくつかあったり、
1シーンのなかでも複数のシチュエーションが楽しめて良かったです。

若くてピチピチだったアサギも三十路を過ぎちゃったらしい。
素晴らしいね!ババア凌辱ゲーでした。
この作品は主にアサギルートとアスカルートの二つが存在しますが
アスカルートはアサギルートを先にクリアしないので
まずはアサギルートを進めていきます。
一章は唯一平穏というか和気藹々としたルートというか仕込みの段階ですね。
アサギと浩介の和姦Hが楽しめる貴重な章です(笑)
対魔忍シリーズで和姦なんてそう見れるものじゃありませんよ!
もちろん和姦といっても対魔忍らしい濃厚なエロスが味わえるので大丈夫です、
むしろ凌辱があるからこそ和姦が映えると思います。
浩介くんは作中で一番みじめなあつかいだったかもしれないw
アサギを口説き落とすためにセックスしまくって妊娠までさせるのに
それがすべて敵の策略で肉塊にされ誘拐までされて
その後とくに活躍することなく物語は幕を閉じてしまいます…
とんだベッドヤクザでしたねw
あつかいがちょっとひどすぎたからアサギルートとアスカルートの最後で
もう一回くらいHさせてあげてほしかったかも…

まぁそんな感じじゃなかったんですがね!
そもそもアサギルートがBADエンドのような終わり方で
正直「え…これで終わり?」と思いました。
アサギEDが正史だとしていかにも続編がありそうな終わり方だったので
すっきりしませんでしたね、BADとキャラクターEDとのメリハリはほしかったです。
どっちもBADですよね、あれ。

そしてアスカルートですが私は
アサギルートの裏側でのアスカの活躍を描いた物語だと思ってたのですが
少し違いました、概ねその通りなのですが少し物語に違いがあって
アスカEDのほうが大団円という感じ。
まぁ大団円と言っても散々凌辱されまくった後なんですが(笑)

二章からは凌辱オンリーです。
二章はさくら&紫の凌辱がメインで三章からアサギ凌辱という感じ。
このようにフルプライスになったことでキャラクターの一人一人に
濃厚なエロシーンを用意することが可能になり、
今までのシリーズよりもじっくりと確実に陥落させることができます。
どうしても低価格だと大味になりやすいしやっつけ仕事感がないだけでも評価したいです。

三章からのアサギはさすが年長者の貫録というか
淫語のレパートリーが凄まじく面白かったです!w
ボケとツッコミを一人でやってるかのような葛藤が
アサギを可愛く、エロく、そして面白く仕立ててるんでしょうね。
触手のシーンとかエグくて好きでした。
本当に一皮むけばただの淫乱ババアなんですよね(笑)

アサギと双璧をなすキャラクターとしてアスカがいます。
物語での活躍はもちろんですがエロシーンにおいても
この二人は鏡のような存在でした。
アサギが職種やオークといった被虐系エロだとしたら、
アスカは同級生に処女うばわれたりお尻開発されたり、
恋人ラブラブプレイを強要されたり痴漢されたりAVデビューしちゃったりと、
生々しい感じのエロシーンで構成されており他のキャラとの
住み分けができてるのは好印象でした。
またアスカみたいなキャラがこういったシチュでやられるというのもエロかったです。
ユキカゼのシチュが好きだった人はアスカも好きだと思います。

物語は正直微妙ですが、
私がヌキゲに求めるシナリオはエロの邪魔をしないなので及第点でした。
ヌキゲでシナリオが良すぎてもエロが浮いちゃうしあれなんですよね。
このくらいでいいと思いますが
欲を言えば最後はもう少し綺麗にまとめてほしかったかなぁ。
アスカは最後くらい浩介とのエッチがあってもいいと思う。
凌辱されるだけされて終わりました。
でもそういうのがないからエロいというのもわかる。
だからこそのアナザーストーリーだと思うんだけど今回は収録されてなかったね。
和姦要素を補ったり凌辱が足りてなかったキャラを補ったり、
色々遊べたと思うんだけど細かいところに手が届いてなかったかな。

ですがこれまでのシリーズでエロの少なかったイングリッドが結構優遇されてたり、
サブキャラのパワーレディのエロまであったりと
フルプライスだからこその豪華さは感じさせてもらいました。
しかし相変わらず静止画とアニメで別々に回収させられるのは面倒!

ロープライスからフルプライスになったので色々な違いを感じ取れる作品になってると思います、
しかしその変化のおかげで前作までを楽しめてた人が本作も楽しめるとは限らないかもしれません。
でも逆に言えば前作までを楽しめてなかった人でも本作は楽しめるかもしれないですよ、
私は後者ですね、低価格でギュッと詰め込んでやるよりはこのくらい徹底的にやってほしいです。
個人的にヌキゲとして優秀だったので私の満足度は高かったです。

なんかオールスター出演のフルプライス版『監獄戦艦』とかやりそうだよね。









総評A80点 公式HP (ANIME LiLiTH)




タイトル:対魔忍アサギ3
ブランド:ANIME LiLiTH
ジャンル:近未来くノ一調教アドベンチャー

シナリオ:そのだまさき/松本竜/フレーム/ZEQU/笹山逸刀斎
原画:葵渚/嘉臥深

メディア:DVD-ROM
対応機種:WindowsXP/Vista/7

発売日:2012年12月28日
価格:9504円(税込)

【キャスト】
なかせひな/榊木春乃/児玉さとみ/黒岩心々/水瀬沙季/手塚りょうこ/etc






 にほんブログ村 ゲームブログ PC美少女ゲーム(ノンアダルト)へ
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚応援してます(*゜▽゜ノノ゛☆゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚
うみねこドットTV─TVアニメーション「うみねこのなく頃に公式サイト」
























上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。