スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

劇場版3 クレヨンしんちゃん 雲黒斎の野望






アクションエンターテインメントの秀作。
野原ファミリーに戦うヒロイン吹雪丸が加わり世界を救うという
ストレートな脚本が子供から大人まで楽しめるファミリーアニメの
基盤をつくりあげています。





人には誰しもこれを観るとノスタルジーに浸れるというか懐かしさを多分に感じる作品が一つはあると思うんです。
私にとってそれがクレヨンしんちゃんなんですが子供のころ観ても楽しいし大人になった今観ても楽しい
クレヨンしんちゃんはまさにファミリーアニメの金字塔だと思います。
ジブリやディズニーの絆は憧れなんだけど
クレヨンしんちゃんは野原ファミリーみたいな家庭を築きたいって
実際手の届きそうな感情を抱けるのがいいですよね。
ごくごく平凡な家庭なんだけど野原ファミリーって素敵だよ!

今回のお話は戦国時代にタイムスリップして悪の親玉、雲黒斎(うんこくさい)から未来を守ろうという
とてもわかりやすいシナリオです。戦国時代で吹雪丸という男装の女性と協力し合い
雲黒斎の野望に立ち向かうバトルあり笑いありのアクションエンターテインメントです。
「うんこくさい」といういかにも子供向けアニメらしいふざけたネーミングですが
内容やキャラクターがしっかり立っていて良かったと思います。
特に吹雪丸が可愛くていいね!

冒頭からいきなりシロがしゃべりだして驚く野原一家だけどそこから先は意外と動じなかったというか
さすがでしたね、馴染むの早すぎ(笑)

雲黒斎の城を目指しながら雲黒斎の手下を倒していく王道展開。

『しんちゃん、3回だいへんしん!』
しんちゃんは三回のみお助け機能を使えるので吹雪丸のピンチを救うこともしばしばあり大活躍でした。
雲黒斎との決戦で大人しんちゃんになって戦うんだけど意外としんちゃんが強くて驚いた(笑)

本音を言えばもう少しひろし&みさえの活躍がみたかったかな。
初期の劇場版作品ということもあり王道展開で安心して観れる反面、
わき道にそれた遊び心はあまりなかったように感じました。
ただ子供のころリアルタイムで映画館で観たとき私はすごく楽しかった記憶があるし、
本来のターゲットである子供向けということを念頭においておけば十二分に納得できるクオリティです。
むしろ子供向けにしては若干恐怖心をあおられるシーンもありました。
雲黒斎の手下であるダイアナお銀を倒すシーンなんですがちょっと不気味でした。

物語がひと段落してからの最後の追い込みも評価したいです。
戦国時代で雲黒斎を倒し元の時代に戻ってきた野原一家でしたが
雲黒斎もこの時代に逃げ延びていて…という最後まで油断のできない構成になっていました。
戦国時代で雲黒斎を倒したのはしんちゃんでしたが
最後はやっぱり野原一家全員でどうにかしないとね!

ギャグからちょっとしたシリアスまで何でもござれの娯楽作品。
クレヨンしんちゃんは息抜きに楽しむには最適なシリーズかもしれませんよ('ω')ノ









総評B+78点




タイトル:クレヨンしんちゃん 雲黒斎の野望

【キャスト】
矢島晶子/ならはしみき/藤原啓治/真柴摩利/林玉緒/鈴木みえ/佐藤智恵/高田由美/富沢美智恵
納谷六朗/茶風林/京田尚子/稀代桜子/山口勝平/大塚芳忠/佐久間レイ/浦和めぐみ/水谷優子
玄田哲章/戸谷公次/萩森侚子/加藤精三/富山敬/etc






 ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト
[PR]

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚応援してます(*゜▽゜ノノ゛☆゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚
うみねこドットTV─TVアニメーション「うみねこのなく頃に公式サイト」
























上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。