スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

劇場版 ドラゴンボールZ 神と神 【感想】






ドラゴンボールに何を求めるかで
大きく評価が分かれる作品だと思うが
今の時代にドラゴンボールが
劇場版で楽しめるというだけでありがたいですね。





僕にとって子供のころ一番夢中になったアニメと言えば間違いなくドラゴンボールです。
友達と内容について語り合ったり新しい劇場版が公開されるたびに観に行きました。
最近になって改として復活してましたがそちらは視聴しておらず
この作品も僕の知ってるドラゴンボールじゃないんだろうなぁ、と今まで回避してましたが
なんでも今度公開予定の作品ではフリーザ様が復活されるということでそちらは観たくなり
だったらこっちも今のうちに観ちゃおう!という感じで視聴に至りました。

内容は破壊を司る神「破壊神ビルス」が眠りから目覚めスーパーサイヤ人ゴッドを探し出して戦うために
地球までやってきてしまうというお話です。
まず言っておきたいのが90年代の劇場版を楽しめたからと言って
この作品もそれらと同様に楽しめるとは限らないということです。
90年代作品とは根本的に作品のベクトルが違い、
感覚的にはジャンプ関連のイベントで上映されるようなお祭り的な作品に近いです。
90年代の雰囲気を求めるとガッカリするか、
私みたいにこれはこれでと割り切ってそこそこ楽しめるかのどちらかでしょう。

インフレインフレ言われてきたドラゴンボールですが破壊神ビルスはその極致にいます。
強いです、はっきり言ってドラゴンボールという超強い人たちがたくさんいる世界観でも
ちょっと違和感あるくらい強いです、そこがすでに私の知ってるドラゴンボールと若干のズレをうんでるんですよね。
いままでも悟空に匹敵するほど強い敵というのは多く登場しその度になんとか勝利してきましたが
ビルスはスーパーサイヤ人3状態の悟空の首筋に手刀を軽く当てただけで失神させるほどの強さです(笑)
いままでそんな敵いましたか?w

これまでのドラゴンボールってどんなに敵が強くても悟空がきてくれるだけで
安心感や期待感みたいなものがやってきたんですけどビルス相手にはまったくありません。
物語開始早々に悟空があっけなくやられてしまったのを目の当たりにしてるので
この実力差を知ってしまったら期待なんかまったくもてません。
どうやっても勝てないでしょこれ…というレベルの実力差。
悟空がセルに立ち向かって吹き飛ばされたミスターサタンに見えてしまうほどです。

実力差があまりにも大きく緊張感は皆無。
つまりは最初からそういった方向性の作品だったということなのかな。
強すぎるビルスとの戦闘を回避するためにご機嫌どりをするベジータw
そんなベジータの気持ちなどつゆ知らずブルマの38歳の誕生日パーティーで馬鹿騒ぎする面々。
強すぎるビルスも、そのビルスに媚びうるベジータもそれを取り囲むキャラクターたちも基本ギャグなんですよ。
戦っても戦わなくてもワイワイガヤガヤしてる作品の雰囲気的にお祭りっぽいなと思いました。

あまりドラゴンボールについて深く考えなければそれなりに楽しめる作品じゃないかな。
考えちゃうと気になる点はいくつも出てきちゃいます。
いくら過去にビルスとあっていたとしてもベジータのおびえ方は尋常じゃないし
フリーザが惑星ベジータを破壊したのはビルスの命令だったり
北の界王の星が小さいのは過去にビルスが破壊しちゃったからだとか後付設定が目立ちましたね。
後付なんてどんな作品でもあったりしますし後付じたいはいいんですけど
劇場版という作品で原作と結びつくような設定をつくるのはやめてほしかったです。
特にこれはお祭り的な内容なので余計そう感じました。

もう一つ気になったのは酔っぱらった悟飯がピラフ一味マイの銃弾を弾き飛ばすシーンがあるのですが
弾いた銃弾がビーデルの足に命中します…幸いデンデの能力で治療されますが
正直ちょっとひきました…しかもビーデル妊娠中なのに…
このシーンはいらなかったかな。ビーデルの妊娠を発覚させる方法ならもっと他にあっただろうし。

ビルスに何もできず倒されていくZ戦士たち。
あまりにも次々とやられていくためモブキャラに思えてきちゃいました。
箸でツンツンされただけで倒されるピッコロにお尻ぺんぺんで倒されちゃうゴテンクス。
彼らの過去の栄光を知ってるだけに悲しいシーンです(´・ω・`)

ついに悟空を超えたベジータ。
ビルスに叩かれたブルマを目の当たりにし「よくもオレのブルマをおおおおおお!」と覚醒し
一時的に悟空を凌ぐ強さになるのです、「愛」ですな(笑)

あまりにも強すぎるビルスに対しスーパーサイヤ人ゴッドとなって立ち向かう悟空。
正しい心を持った5人のサイヤ人が6人目に力を注ぐと変異するらしい。
ベジータ、悟飯、悟天、トランクス、ビーデル(お腹の子)が悟空に力を注ぎ変身しました
いつものドラゴンボールならこれでビルスを倒して大団円なのですがこの作品は違うのです。
ビルスに勝つことが出来なかったのです。
ここらへんは90年代の劇場版世代としては残念というか
なんだかんだ最後には勝ってきたのが悟くうなのでね…
スーパーサイヤ人ゴッドになってもビルスに7割ちかくの力を出させるので限界でした。
悟空が勝てなかったので今後はビルス以上の敵はでないかもね、
インフレの頂点がいまのところビルスという感じです。
そんなビルスに勝てはしなくても認めさせるというかたちで物語は幕を閉じました。

いままでドラゴンボールを観てきて何でサイヤ人はそんな強いやつと戦いたがるんだろう?と思ってましたが
今回ビルスを見ててちょっとわかったかもしれません。
スーパーサイヤ人3を手刀で倒せるほど強かったらそりゃ毎日が最高に退屈に感じるだろうさ。
たぶん彼らは自分たちが退屈しないためにも上には上がいてほしいと願ってやまない人たちなのでしょう。
ビルスでさえこの宇宙のどこかに自分より強いやつがいると思ってるみたいだし
スーパーサイヤ人ゴッドにそれを期待してたんでしょう。
期待には応えれなかったけどビルス様のフラストレーションはいくらか解放されたみたいです。
付き人のウイスの実力は未知数だったけど終盤でビルスの師匠だったことが発覚。
その強さはビルスを手刀一発でぐったりさせるほどです、宇宙は広いなぁ。
ウイスに修行つけてもらえば悟空もさらなる高みにいけるんじゃ?w

内容的には賛否両論になりそうですが
それでも最新の技術で彩られたドラゴンボールの世界を堪能できたのは嬉しかったですし
それなりに楽しめました、ピラフ一味のマイが可愛かったです(/・ω・)/









総評B+78点




タイトル:クレヨンしんちゃん 雲黒斎の野望

【キャスト】
野沢雅子/鶴ひろみ/堀川りょう/佐藤正治/田中真弓/古川登志夫/古谷徹/緑川光/草尾毅/皆口裕子/渡辺菜生子
大友龍三郎/石塚運昇/龍田直樹/塩屋浩三/伊藤美紀/千葉繁/玄田哲章/山田栄子/藤本たかひろ/川浪葉子
平野綾/八奈見乗児/田中亮一/三ツ矢雄二/内海賢二/軽部真一(フジテレビアナウンサー)/松本薫中川翔子/
森田成一/山寺宏一/赤羽根健治/服巻浩司/増谷康紀/福原耕平/藤井ゆきよ/照井春佳/一木千洋/一ノ瀬彩
大空直美/etc






 ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sasori0126.blog134.fc2.com/tb.php/1111-fe193c18


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚応援してます(*゜▽゜ノノ゛☆゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚
うみねこドットTV─TVアニメーション「うみねこのなく頃に公式サイト」
























上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。