スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【PS3】『侍道4』今冬発売予定!!

●シリーズ待望の続編が登場

侍としての生き様を体験できる人気のアクションゲーム『侍道』シリーズの最新作が登場。
今回は、物語の舞台である阿弥浜で対立する3つの勢力の情報や世界設定のほか、
イベントや戦闘といったシステム面での新要素を紹介する。




■物語

日本に黒船が来航し、開国を迎えてから3年後……、
古くからの産業である漁業と旅籠に加え、
開国後に始まった異国との貿易で賑わう港町に
ひとりの侍が現れたところから物語の幕が上がる。
プレイヤーは、この町で侍として数日間を生きていく。
町には、対立する3つの勢力が存在。
幕府の決めた開国の方針に身を委ねるか。
攘夷、愛国を掲げて活動する一派に加わるか。
和親条約を結び日本に来た異国人と行動をともにするか。
どの勢力に荷担するかで、物語は大きく変化する。
もちろん、途中での裏切りや寝返りもプレイヤー次第。
日本と西洋の文化が融合した美しい町を舞台に、
さまざまな侍の生き様が描き出される……。




■幕府勢力
悩める代官
琴吹 光(ことぶき ひかる)
攘夷志士の横暴と英国との関係に頭を悩ませている、阿弥浜の代官。大老の残虐な政治に不満を抱きながらも、
協力せざるを得ない立場にいる。

■攘夷勢力
攘夷運動指導者
赤城烈斗(あかぎ れっど)
攘夷論を掲げている“般若党”のリーダー。
流行の尊皇攘夷や倒幕については考えておらず、純粋に侍の時代と日本文化を守るために戦っている。

■外国勢力
刺激を求む過激な伯爵
ジェット・ジェンキンス
スリルこそが生き甲斐という、英国貴族のお坊ちゃん。
有事に備えて日本に派遣されたが、退屈な毎日に辟易している。




■自由度が増したイベント

『侍道』シリーズの特徴とも言えるのが、プレイヤーが介入することで変化するイベントシーン。
本作では、イベント中の自由度が、いままでのシリーズ作よりもアップしており、
ひとつのイベントの中で、さまざまなリアクションが楽しめる。

※上記はファミ通.com様より引用させていただきました




侍道4!!

3も購入しましたがそんなに遊んでないんですよね。
4ではもっと自由度が高まってるといいですね。
勢力ごとに町村が存在して住居を購入でき伴侶と暮らすことができるとかさ。

数日間を生きていくということですが
移動するだけで時間経過があったら全然自由じゃないですよね?
ストーリーの進行で時間が経過するシステムであってほしいです。

そろそろ侍道で培ったシステムを応用して
外国を舞台にした『騎士道』がプレイしたいです(笑)
だけど主人公は日本人でお願いします、日本から単身渡米した主人公の騎士としての生き様を描いた作品です。

(ヾノ・ω・`)ナイナイ




 にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機へ
スポンサーサイト
[PR]


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sasori0126.blog134.fc2.com/tb.php/305-a6f299ca


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚応援してます(*゜▽゜ノノ゛☆゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚
うみねこドットTV─TVアニメーション「うみねこのなく頃に公式サイト」
























上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。