スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『恋ではなく』は発表当初から期待していたので発売日が楽しみです!!

ストーリー

「事実上複製が不可能な……世界にたった一つしか存在しない、特別な一本を撮らないか」


晩秋。日本海に面した古い街の片隅。
かれらはある少年のそんな言葉に導かれて、古びた8mmカメラをまわしはじめる。

「卒業までの半年で、あいつとの答えをださなきゃな」



瞬きする小さなファインダーの中にうつるのは、それぞれの思惑、愛憎、打算、そしてプライド。

「……これはもしかしたら、好きって感情とは違うのかもしれない。でも……」


やがて、レンズを通して明らかになっていくのは、
必ずしも正しい気持ちではない……それぞれの、真実の望み。

共通の幼なじみ、阿藤扶のか「卒業までに映画を一本撮りたい」という望みにこたえ、
数年ぶりに互いに言葉をかわす主人公、槇島祐未と八坂典史。
映研、写真部、デジタルメディア同好会を巻き込み、
やがて撮影隊は日本海の孤島、飛鳥ロケを敢行する。
皆で過ごすバレンタイン、因縁のバレンタイン。友情と恋愛、そしてライバル心に翻弄されながらも、
かれらは時には映画を、時には写真を撮りつづける。
だが、卒業後の進路が異なる彼らに、残された時間はけっしてそう多くはなかった。

そして、クランクアップの時、彼らが選ぶ選択とは?





スタッフコメント

はじめまして、皆々様方。
今回『恋ではなく』の企画・原案・シナリオを担当させていただきました早狩武志と申します。
……えーと、ちょっと固く入りすぎたかな(苦笑)。

今回のゲームでは「しゃんぐりら・すまーと」様が実験的な試みを許してくださったので、
これ幸いとばかりに大いにチャレンジさせていただきました。
その分、いろいろな意味で従来までのゲームにはない内容になっています。
まず今回のゲームでは、男女二人を対等の主人公として、物語を書かせていただきました。
恋愛を描くには、やはり二人の姿を等しく描く必要があると考えたからです。
そしてやっぱり、主人公たちにはどんなに苦しみ、みっともない姿をさらしても、一途であってほしいと思いました。
いろんな相手に片っ端から手を出す主人公は、男女問わず、尻軽っぽくてあまり格好良くないなぁ、と。
そういうわけで、この物語はけっこう純情ものがたりです。
かれら二人のその気持ちが、はたして恋であるかどうかは、ゲームプレイして確認してみてください。

早狩武志



どうも、原画を担当させて頂きますトモセシュンサクです。
『恋ではなく』は、とある地方での青春モノといった、田舎在住の僕としてもやってみたかったことでもあります。
作品にあたっていろいろと初めてのワイド画面や塗りの雰囲気の出し方などなど
個人的にいろいろ新しいことにチャレンジをしてみました。
早狩さんの描く人物達は迷ったりはしゃいだり実際にいるような親近感があって
そう言った血の通った人物も僕も絵で表現できたらいいな、と思ったりです。頑張ります!
背景担当の方も頑張って下さってますし絵の面でもこの物語を盛り上げて
楽しんでいただけるものをお届けできたらいいなと思います。

トモセシュンサク


大変お待たせいたしました。
『恋ではなく-its not love, but so where near.』ようやくしっかりと皆様にお見せすることができます。
ティザーサイトの公開が2009年6月でしたので約1年と5ヶ月もお待たせすることとなり申し訳御座いません。
その分、すべての面において、早狩さんが仰っているように実験的な試みも含めて、
皆様のご期待に沿える作品になりつつあると自負しております。
これから順次HPや雑誌などで情報を公開していきますのでご興味のある方はチェックいただければ幸いです。

二点、ご購入を検討されているお客様に事前にお伝えしとかねばならない点がございます。
今策では様々な実験的要素もございます。その中の大きな点として、今作には「ヒロイン」が存在しません。
八坂典史と槇島祐未、二人が主人公となり、それぞれの視点を以って物語が進みます。
そのため今作でのHシーンは全て八坂典史と槇島祐未のシチュエイションのみとなります。
また加えて、物語の中で二人には様々なライバルが登場します。
ライバルによって物語(ルート)が変化し多彩な物語をお見せしますが、
その中で最終的に槇島祐未がライバルに奪われるもしくは付き合うというエンディングはございません。
ただ今作は「恋というもの」「人を愛すること」を深く描いていく作品となります。
互いにライバルが現れ、その中で時には揺れ動き、時には競い合い、その中で成長し、互いを深く認め合う物語となりますので、
主人公がライバルとキスやHに近しいことをすることはもちろん御座いませんが、
ライバルと二人で出かけることや手を握ることなどはございます。
そのためいわゆる、寝取り、寝取られというものに敏感な方は、その点予めご了承の上お楽しみいただければ幸いです。
ただしその分、今までの美少女ゲームでは見ることのなかったであろう物語を皆様におみせすることをお約束いたします。

本来であればこのようなことは明記せず、物語の中で知っていただくことが良いのは承知していますが、
ブランドの判断として事前に告知させていただきますこと、お客様にはお許しいただければと思います。

この作品の目指すところは2月頭に公開予定の体験版でお分かりいただけるのではないかと思っております。
なお12月23日から一斉開始にて早期予約キャンペーンなども予定しております。あわせてチェックお願い申し上げます。

青山学





ようやく続報がきてくれましたね☆
これは本当に楽しみです。
私は攻略キャラが少ない作品はスルーするのですが
これはむしろ男女一組の関係に絞ることで
今までにないほど濃密な関係が描写されるのではないかと楽しみでしかたがないです。

この作品のコンセプトなどをみたときに思い浮かんだのが「めぞん一刻」「タッチ」です。

両作品と「恋ではなく」は雰囲気こそ全く違いますが
根底にある一途な想いという意味では似ていると思います。

めぞん一刻の五代さんと管理人さんも紆余曲折あり、ライバルありの物語ですが
二人の気持ちは最初のほうですでに通じ合っていましたからね。

「タッチ」の南ちゃんもカッちゃんが生きていたころからタッちゃんの事が好きでした。
カッちゃんが例え甲子園に南をつれてって告白したとしてもフられてたんでしょうね。

「恋ではなく」も上の二作品のように一途な想いが根底にあるようなので期待しています。
他の男とデートして手を握ったりもするみたいです、
ひょっとしたらそれで楽しい気持ちになったり嬉しくなったりもするのかもしれません。
でもいいんですよ、異性にストレートな好意をぶつけられて嬉しくないはずがありません。
その中で頭の中に浮かんでくるのはデートしている目の前の男ではなく、主人公のことだったりとかしたら萌えますね。

たぶんライバルたちは恋やぶれていく運命なのでしょう。
しかしその中でもしっかりといい働きをしてもらいたいな。
三鷹さんやカッちゃんに新田みたいに恐ろしいスペックで脅威なんだけど憎めないライバル達だったら嬉しいね。

個人的に心配なのはサブに女性も、もちろん存在しますが、
恋やぶれたライバルと無理やりくっつけないでほしい。
二人の主人公の想いが一途なら、ライバルたちの想いも一途でしょ?
失恋してすぐ他の人とくっつかれたら萎えますね。

「恋ではなく」は結末よりも過程を楽しむ作品なのかな。
二人がどういった紆余曲折を経て結ばれるのか・・・。
はやくこの目で確かめてみたいものです(*´ω`*)

恋ではなく-its not love, but so where near.





 にほんブログ村 ゲームブログ PC美少女ゲーム(ノンアダルト)へ
スポンサーサイト
[PR]


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sasori0126.blog134.fc2.com/tb.php/323-9077c899


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚応援してます(*゜▽゜ノノ゛☆゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚
うみねこドットTV─TVアニメーション「うみねこのなく頃に公式サイト」
























上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。