スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『恋ではなく -It’s not love, but so where near.』体験版 【感想】

『恋ではなく―― It's not love, but so where near.』を応援しています!
『恋ではなく―― It's not love, but so where near.』を応援しています!









めったに体験版をやらない私がプレイしてみました、
発表当初から期待していたので我慢できず(笑)

プレイ時間は、まったり遊んで3時間くらいだったかな?
内容のほうは体験版のみで判断するのは難しいですよね、
なので結論から言っちゃいますが面白かったです。

早狩さんらしい複数視点、主に主人公二人の視点ですが、
冒頭はサブキャラの女の子の視点から始まりました。

この作品は主人公二人、典史と裕未の物語を軸に他のサブキャラが絡んでくるという感じですかね、
感覚的にはドラマのような印象、典史と裕未が結ばれるまでの過程を楽しむような作品なのではないでしょうか。
上記の印象からドラマ的作品と位置づけてみました。

複数視点は体験版だと冒頭以外は典史と裕未オンリーだった気がしますが、
製品版では他のキャラの視点も増えてきてほしいですね、
というのも典史→裕未→典史→裕未→典史→裕未という感じに同じ流れだとダレてくるかもしれません。

あまりサブキャラ視点を多用すると典史と裕未の物語を壊しかねないので、

典史→裕未→典史→サブキャラA→裕未→典史→裕未

上記のように時々ワンクッションいれてくれると安心かな。

物語的には面白く先が気になって好印象だったのですが、
個人的に典史の声と芝居が受け付けませんでした。

鼻からヌケるような妙に芝居くさい喋り方が苦手です、
典史が喋るとテンポが悪くなる気がするんですよねぇ。

声質も違和感があります、
これは個人的な事ですが私の友人の声と似ているというか同じといっても過言ではありません、
こういうので友人と同じような声質って萎えますよね(笑)
もっとしっかりした声質の人を選んでほしかったかな、
確かに典史は多少子供っぽいところが垣間見えますが、
それは内面的なところであって声質で表現するところじゃないと思うんですよ、
太ってる人は低い声しかでないというものでもないでしょうに。
イメージの大切さは重々承知しているんですけどね…

典史って実はコンプレックスの塊なんじゃないだろうか、
私だったら幼馴染二人が同学年で自分だけ一つ下というだけでも結構嫌かもしれませんw

元々購入予定でしたが体験版でさらに期待が高まりました、
4月が楽しみです。









 にほんブログ村 ゲームブログ PC美少女ゲーム(ノンアダルト)へ
スポンサーサイト
[PR]


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sasori0126.blog134.fc2.com/tb.php/436-6bd3ea6c


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚応援してます(*゜▽゜ノノ゛☆゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚
うみねこドットTV─TVアニメーション「うみねこのなく頃に公式サイト」
























上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。