スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『グローランサーIV オーバーリローデッド』が発売間近!!開発者インタビューでさらに膨らむ期待感!!

グローランサーⅣオーバーリローテッド【開発者インタビュー】

第一回

高田真二郎(プロデューサー)


なぜグローランサーIVをリメイクしようと思ったのでしょうか?


個人的には、グローランサーシリーズの中では、IとIVが非常に気に入っていまして(笑)
もちろん、それだけではありませんよ!

グローランサーIV(以下、オリジナル版)は当然ですがグローランサーI~IVまでのシステムを継承したもので、
ゲームシステムがもっとも進化し、完成しているものと思っています。

他にも、うるし原智志さんが描くキャラクターが20名以上と、シリーズを通しても、登場人物の数がずば抜けています。
その多くのキャラクターが織りなす群像劇風の物語の中で、
彼ら一人一人の個性をうまく表現できていたのではないかと思います。

また、ゲームを楽しんでいただく上で、「常に先が気になるような展開」という点を大切にしていますが、
これも自分としては、満足できるレベルまで作り込むことができたという意味で、
シリーズを通して非常に気に入っています。

システムやキャラクターなどの評価が高かったですよね!

ただし、悔しい思い出があるんです。

当時の自分たちが出来ることを最大限尽くしたゲームだったので、
グローシリーズで「IVが最高」という評価をほぼ全ての方々から得たいと思っていました。

しかしIの方が好きという意見も根強く残っており、それが非常に悔しく、心残りでした。
そしてグローランサーIのPSP版を開発中、
ポテンシャル的にはやはりグローIVの方が高いというのを改めて再認識しまして…。

そこでグローランサーをいままで一緒に手がけてきた仲間たちと、
グローランサーシリーズの中で最高の作品と評価されるものを。
大半の人が「グローIV ORが最も面白い」と言ってくれるような、究極のグローIVを作り上げようと決心しました。

II・IIIのリメイクを望んでいたユーザーも多かったと思います。

IIとIIIも検討したのですが、Iとお話が続いていますので、完全に楽しむには、予備知識が必要になりますよね。

なので、初めての方でも予備知識がなく楽しめる、
つまり世界観が他と関連していないという点も、IVを選んだ理由の1つになっています。

話が戻りますが、最高の作品にするためにどういった要素を盛り込んでいるのでしょうか。

新規追加要素については、うるし原さんが手がける超美麗なアニメーションムービーと、ストーリーの追加、
そしてキャラクターの追加が中心になるわけですが…。
RPGというのは、遊ぶ方々によってウェイトの差はあれ、お話と育成、戦闘を主に楽しむものと思っています。
その内、育成や戦闘といったシステム面においては、
元から完成度も高いため、視認性を上げたり、テンポを良くするなどのきめ細かい調整をメインにしています。
そしてお話は?と言いますと…。こちらは大いに期待して欲しいです。もう新作タイトルだと思うくらいの追加っぷりです(笑)

実のところ、オリジナル版のストーリーには暗い部分あって、そこを残念に感じていらっしゃる方もいました。
また特定のキャラクターに対して、好意や敵意を抱いたりというのがありますが、その全てに対応できていませんでした。
そこで開発にあたって、そういった部分を満足できるような展開を用意しようと考えました。
それも思いつく限りの全てを対応しようという話になり、まずは主人公の選択や行動によって、
オリジナル版の展開を覆すシナリオをいくつか追加しました。
さらに生死分岐や攻略対象などもどんどん追加する事で、気がつけば新作1本分の追加ボリュームになっていました(笑)

ですので、タイトル名変更の際にもお伝えしましたが、
オリジナル版を大切にしながらも、新しい要素を大幅に追加した作品を目指しました。

オリジナル版の展開も楽しむことができ、
選択や行動によっては、暗い部分を払しょくできる展開も待っているということですね。


具体的な内容のストーリー分岐やどういったストーリーを大幅に追加したかなどは、
本作の現場指揮を執ったディレクターの石原からお伝えできると思います。

最後にユーザーの皆さんへ一言お願いいたします。

新作1本分のボリュームを詰め込み、そしてクオリティをひたすら追求した作品になっています。
シリーズ最高の評価を得るべく、満足度の非常に高い作品になったと自負しておりますので、ぜひご期待下さい!




第二回

石原公洋(ディレクター)

本作では、新ストーリーや新ルートなどが追加されますが、どういった感じになるのでしょうか。

本作では、オリジナル版には無かった目新しいイベントがとめどなく体験できると思います。
具体的には、オリジナル版からのキャラクター同士のやり取りが増えているので、
キャラクターの魅力がよりよく分かっていただけると思います。

第3回のインタビューでお話いたしますが、新キャラクターたちもすごくストーリーに絡んできます。
そして、この物語を盛上げる大事な役割を持っていて、ただ取ってつけたキャラクターたちではないので、
ぜひ期待していただきたいです。ストーリー自体の内容も、
オリジナル版では説明が薄かった箇所もできるだけ手を加えています。

ちなみに『グローランサーIV オーバーリローデッド』の登場キャラクターは
総勢40人以上というシリーズでもダントツで多いです。
公式サイトTOPのキャラクターが並んでいるところがありますがまだまだ登場キャラクターが増えますよ!

ですので、このたくさんのキャラクターたちが
天使との争いや国家間の戦争の中でどう絡んでいくかも楽しんでいただきたいと思っています。

新ルートに関しては、公開している画面写真から推測してくださっている方もたくさんいらっしゃいますが、
近日中にどんなルートであるのかをお見せできると思います。

オリジナル版をプレイされた方でも充分に楽しめるすごいボリュームみたいですね。
具体的には、どれくらいのボリュームアップをされたのですか?

元々ボリュームのあったオリジナル版と遜色ないんじゃないかな~、
そう思えるぐらいのボリュームをプラスしています。その為、ボイス量も2倍ぐらいになっています。
アフレコでは、紙の束が詰まれているのは圧巻でした(笑)

そして、1プレイだけで終わっておくのはもったいない要素も用意してあります。
ですので、ぜひたくさんプレイしてもらいたいですね。

エンディングの種類が40以上になって、
それを一つ一つ埋めていくエンディング達成率もあっていいですね。かなり、やり込めそうです!


エンディング数はすごい増えましたねー。
「オリジナル版であのキャラクターと仲良くなれるイベントがなかったから増やそう」、
「ここはもっとキャラクターの深いところまで知ってもらいたいからあれも入れよう」など、
そうこう夢中で増やしている内にエンディングが40以上にもなっていました(笑)

なので、自分の思い通りにプレイすれば、きっと気になるキャラとエンディングが迎えられると思います。
かなりのボリュームですので、エンディングをコンプリートなどやりこみたい方にもお勧めです。

エンディング達成率の画面写真をご覧になってお気づきになった方もいらっしゃると思いますが、
2、3人のエンディングが誰のエンディングなのか、わかってしまいますね。

意表をつくエンディング、「デリンガーばんざ~い」はどんな展開かは、自身の目で確信して頂けたら幸いです(笑)

悲劇を回避できる展開もあるとのことですがどういった内容でしょうか。

プレイヤーの行動や選択で、オリジナル版で死ぬはずだったキャラクターが助けることが出来るんですが、
あの悲劇から助けた時の達成感をぜひ味わっていただきたいですね。
助けることによって、ストーリーにも変化が起りますし、
助けた後にも、そのキャラクターが活躍する展開も用意してありますので、
なんとか助けられるように色々行動してみてください。




第三回

石原公洋(ディレクター)

たくさんの新キャラクターが本作では登場しますが、どのようにストーリーと絡んでくるのでしょうか

■使い魔D-MD型
本作を作るにあたって新鮮な気持ちでプレイしていただきたいと、開発当初から高田と考えていました。
そこで、ずっとストーリーの中で一緒に旅をする相棒でもある使い魔を1人追加することを決めました。
追加する使い魔を、他の使い魔とは異なる性格にすることで、
一度プレイされたことのある方にも新鮮さを感じていただけると思ったからです。

使い魔D-MD型の性格は道具として扱われるべきだと思っている、
少し事務的な感じですが、使い魔と話をしていく中で次第に変化していく心情にも注目していただきたいですね。

序盤で使い魔を作るイベントがあるのですが、
なるべく彼女の性格にあった選択肢を選んでいただくと
おそらく使い魔D-MD型を相棒として旅を一緒に出来ると思いますので、
使い魔D-MD型を選びたい方は発売まで覚えておいていただけたらと思います。

■トリシア
もともとオリジナル版では天使からの襲撃を受けるなど暗い展開が続くことが多かったので、
なるべく明るい性格のキャラクターを入れたかった事と、
彼女が所属しているデュルクハイム国の内情もより深く描いてみたかったというのもあります。

公式サイトのトリシア紹介文でも記載しているのですが、主人公とトリシアは途中から敵対することになります。
その後のストーリーがどうなっていくのかをぜひ遊んでみて確認していただきたいですね。

■メリーヌ・シンシア
この双子は、主人公たちの敵側として登場します。
ヴェスターになぜ付き従っているのかは作中でわかるのですが、オリジナル版のストーリーと密接に絡んでいます。
他にも敵側のキャラクターを追加することによって、より敵側の事情や心情を知っていただきたいと考えて、
この二人のキャラクターが誕生しました。
余談ですが、発売後にどのキャラクターが人気になるのか、早く見てみたいですね。

■マグナス・パメラ
公式サイトのムービーページにてアニメーションを見ていただけるとわかるのですが、
この二人は共に行動して旅をしています。しかし、二人は付き合っているのではなくて、
ある事件をきっかけにマグナスがパメラの護衛をしたいとかってでるんです。
なので、恋人同士ではないので、パメラさんを狙っている方はご心配なく!(笑)

マグナスはすごく場を和ませてくれる、いい意味での空気の読めないタイプです。
こちらは良い“もみあげ”を持っていますのでご期待くださいね。

本作では、新たに6キャラクターが登場しますが、一人一人、個性的で魅力的なキャラクターばかりとなっています。
ストーリーに関しても密接に関わって、より物語を盛り上げてくれますので、期待していただければと思います。

新たな仲間と争いあうルートの情報が公開されましたが、どういった展開になるのか楽しみです。

新規ルートについても、新ストーリーと同様にかなり力をいれております。
ボリュームとしては、同じかそれ以上であり、
1つのイベントのような少ないシナリオではないことをここで言わせてください(笑)

もちろんシナリオも十分に楽しんでいただけるように作っておりますが、
バトルもかなり歯ごたえのある戦闘にしています。
いままで仲間だった彼らはこんなにも強い味方だったんだなと思ってもらいたいですね(笑)
悲劇を回避できる展開もあるとのことですがどういった内容でしょうか。

制作期間を終え、発売まで後2週間。もう直ぐ皆様にお目見えとなります、グローランサーⅣオーバーリローデッド。リメイクながら、新作を作る勢いで制作いたしました。1つのRPGを作るぐらいの増量を行いましたので、過去プレイされた方も、初めてプレイされる方も楽しんで貰えると思います。ぜひプレイして見て下さい。






開発インタビューを読んでいてもかなりのやりこみ要素がありボリュームのある内容に仕上がってるのが伝わってきますね。
ED40種類って凄いな~、無印は何種類でしたっけ?

周回プレイの要素もさらに仕込んでくれたみたいですし、
公式で紹介されている以上に新規の追加キャラクターが登場するみたいで楽しみ!

4は確かにシリーズ中でもかなり面白いけど
いまだに1も根強い人気があるというのは理解できます、私も1&4が好きだし。

この作品の見所はやっぱ運命に翻弄されていくキャラクター達の生き様だよ、
かつては仲間でありお互いに背中をあずけあったはずの戦友がちょっとしたことで、
立ち位置が大きくかわり敵同士として刃を交える…こういった展開が熱かった印象があります。
国同士の戦争が軸なので主に他国の仲間になってしまったりということです。
幽遊白書の魔界での騒動をイメージしていただけるとわかりやすいかも。

発売までもう二週間ないですしサクラ大戦でもやって待ちますよ^^










 にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機へ
スポンサーサイト
[PR]


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sasori0126.blog134.fc2.com/tb.php/598-fb490918


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚応援してます(*゜▽゜ノノ゛☆゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚
うみねこドットTV─TVアニメーション「うみねこのなく頃に公式サイト」
























上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。