スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ルパン三世 アルカトラズコネクション 【感想】






【あらすじ】
サンフランシスコ沖に浮かぶ違法カジノ船「マシンガン・ケリー号」から金を奪おうと、
船に乗り込んだルパン・次元・不二子・五ェ門の4人であったが、
ルパンからの予告状を見て現れた銭形警部の活躍によって計画は失敗してしまう。
しかし、ルパンの真の狙いはカジノ船の金ではなく、船が調査している海底の地形データであり、
ルパンはそちらを盗む事には見事成功していた。

ルパンは、そのデータを基にサンフランシスコ沖に眠る沈没船
「ヤンキー・スレード号」に積み込まれていた金塊を手に入れようとしていたが、
カジノ船の持ち主である秘密結社「シークレットセブン」に誘拐されてしまう。
しかし、きっちりと地形データの入ったチップは3人の元へ残して行った事から、
不二子はいつもの如くルパンをそっちのけで金塊の探索を開始するが、
なぜか今回に限って五ェ門までもがルパンをそっちのけにする。
実は五ェ門は、スーザンというモデルに恋をしていたのだ。

シークレットセブンが拠点にしている、
かつてアル・カポネやマシンガン・ケリーといった大物を収監していたアルカトラズ島に
連行されてしまったルパンは、地下の拷問所で拷問好きの黄(ホワン)と、
次元と因縁のあるハイエナにチップのありかを聞き出されそうになるが、
そこに現れた次元の力を借りて黄(ホワン)を倒しハイエナを退け、アルカトラズ島を脱出した。
その後、ルパンはシークレットセブンのメンバーやその秘密を次々と明らかにしていくが、
銭形やシークレットセブンのみではなく、謎の黒服の男達の襲撃を受ける事にもなる。

果たしてシークレットセブンの本当の目的とは何なのか?そしてシークレットセブンとアルカトラズ、
そしてかつて暗殺されたアメリカ大統領ジョン・F・ケネディの間にあり、
闇の中に葬られてしまった驚くべき真実とは…?






ルパンだからこそ描ける
ケネディ暗殺の真相がここにある!





今回の敵はシークレットセブンと呼ばれる犯罪組織です。
この組織のメンバーは組織名通り幹部が7人存在しており
欠員がでた場合は補充されます。
このメンバーたちの正体は犯罪者の子孫たちで先祖の意思を受け継いでるという感じでしょうか。

冒頭ではいつものようにルパンと銭型の追いかけっこ。
しかし今までと少し違うのはルパンの盗みを銭型が阻止するところでしょうか、
見事なまでの機転と射撃の腕でルパンの仕事を邪魔します。
ルパンにとってその盗みはフェイクだったのですが
ついでに盗めるものなら本気で盗もうと思ってたみたいです。
なのでやはり銭型の活躍は本物だったんじゃないかな。
ルパンの盗みを阻止したことにより銭型が表彰されていましたが
こんな警部は二度とみれないかもしれないね。

そして今回またもや五右衛門が女にたぶらかされてる…
その女の正体はシークレットセブンの幹部の一人だったんですが
五右衛門を利用してルパンファミリーの動向をうかがってたようです。
本当に女が絡むと五右衛門は面倒な男になるなw
純粋すぎるんだよ…
ルパンもよく女に騙されるけどルパンは騙された場合の対策も用意してたりするから
安心できるんですよね、五右衛門の場合は苦汁をなめさせられるだけだから
もっとしっかりしろよ!と言いたくなります。

逆に次元はカッコよかったね、
五右衛門も不二子もお宝のことしか考えていない中
次元だけはルパンの身を心配したりお宝よりルパンという感じでした。
あと次元は口からでるセリフが毎回カッコよくて惚れ惚れするね。
どうか次元だけは女にハマりませんように…

シークレットセブンのボス、テリーは警察に扮し銭型とペアを組んでルパンたちの動向を探ってました。
まぁ警察に化けてても最初から怪しさ爆発でしたがね。
ある意味テリーにとって一番のミスは警察内部に潜入したことでしょう。
これにより銭型の怒りを買ってしまいました、
彼ほど正義感の強い人間はいませんからね。
それは宿敵ルパンと一時休戦して共同戦線をはるくらいです。
短い間でしたがルパンと銭型が一緒に行動してるシーンがみれたのは良かったかな。
最後も銭型が美味しいところをもってったようにも思えるし、
ルパン作品の中では活躍してるほうだったんじゃないでしょうか。

ただ率直な感想で言うと今回はちょっと物足りませんでしたね。
というのもお宝にあまり魅力がないです。
冒頭で狙ってた札束はフェイクで本当の狙いは海底深くに沈んだ難破船の中にある金塊…
とルパンは説明していましたが実はそれもフェイク。
ルパンの本当の狙いはその金塊の中に隠されたケネディ暗殺の証拠だったのです。
つまり情報ですね、ある筋に売ればそれなりの金額になるとは思いますが
正直ロマンがありません、結局証拠を手に入れただけで
証拠から真相があきらかになるシーンはありませんでしたし。
EDであきらかになったのは実はルパンが女のためにそれを手に入れてきたということです。
論文でケネディ暗殺について調べていた女の子のために入手してきたらしいです。
本当かどうかルパンの真意は知りませんがそれはちょっとどうなの?という印象。
せっかく隠蔽されしケネディ暗殺の証拠なんだからもうちょいロマンあふれる展開にしてほしかったよね。
しかも女の子がすでに興味をなくしていたようで最終的には証拠を海に放り投げて終了…
今回ルパンは何のためにこれを盗んだの?
ケネディ暗殺の真相を知る数少ない人物になるための自己満足?
真相をルパンだけが知っても面白くないじゃないですか、
フィクションのアニメーションなんだから視聴者にも真相をあきらかにしないとダメでしょ。
なんなんだろうね…一応ケネディというノンフィクションの部分もあるから
勝手に真相をフィクションでつくっちゃうわけにはいかなかったのかなぁ。
だから真相はルパンだけが知っているみたいな終わり方にしたの?
だったらそもそも題材の選択ミスだと思うよ。

敵も今までのやつと比較すると地味で特に印象に残りませんでした、
まぁ今までのやつが規格外すぎたというのもありますがねw
銭型の出番が少し多いだけで見応えのあるシーンとかもなかったように思えます。
だからといってつまらないという事ではなくて
一定の盛り上がりを維持したまま終わってしまうパターンですね。
やっぱり娯楽作品である以上ある程度の盛り上がりは必要だよ。

ケネディ暗殺の真相をチラつかせて結局真相をあきらかにしない…
そんな不思議な作品でしたとさ。




総評B+79点




タイトル:ルパン三世 アルカトラズコネクション

【主題歌】
OP 大野雄二トリオ・フィーチャリング・akiko『LUPIN THE THIRD』
ED 大野雄二トリオ・フィーチャリング・akiko『WHAT'S THE WORRY?』

【キャスト】
栗田貫一/小林清志/井上真樹夫/増山江威子/納谷悟朗/石田太郎/大塚明夫/滝口順平/立木文彦
沢海陽子/緒方賢一/出光元/松井範雄/池田勝/川上とも子/島香裕/江川大輔
小形満/岸祐二/坪井智浩/新垣樽助/小倉淳/etc






 ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sasori0126.blog134.fc2.com/tb.php/823-bbf3077d


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚応援してます(*゜▽゜ノノ゛☆゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚
うみねこドットTV─TVアニメーション「うみねこのなく頃に公式サイト」
























上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。